FC2ブログ
プロフィール

ひら農園

Author:ひら農園
ようこそ、「農園日記」へ
北海道、十勝の新得町屈足地区で農業を営んでいます。
作物たちの成長や農村の暮らし、農園の四季を綴っています。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

北の農園日記
北海道十勝のこだわりのジャガイモ・とうもろこしなどを栽培し、産直販売や観光農園、農業体験も行っている、ひら農園のオーナーが日々の農園の様子をお伝えします。
闘魂注入
5/29
君のハートも卍固め~

白いマットのジャングルに~♪な農場長です。
(やっぱりプロレスってサイコーさ!)

本日、地元の会館にて北都プロレスの興行でプロレス観戦♪
人生初体験♪
北都プロ

いやぁーーーー
ツッコミどころ満載の老若男女が楽しめるプロレス♪
面白かったです♪

なんてったって、ローカル団体をいいことにキツネのマスクマンのリングネームが…

「ルー・ルルル」
ルールルル

“北の国から”ファンなら「あーーー、ホタルちゃんが呼ぶあれねー」
~で、話は通じちゃうのでしょうが、実際「ルールルルルルルルル…」って呼んでも北キツネは来ませんからね。

でも、ルー選手、格好良かったな…すごかったな…
ボディースラム(地味な技だけど)なんかされたら、リングからの半径10m以内は地震みたいに揺れるもんね。
技をかける方も、受ける方も実はすごいトレーニングしているんでしょうね~
受身の瞬間の会場全体に伝わる衝撃波は、本当に強烈です!
こればかりは、生じゃないと体感できませんでしょうな~きっと。
もちろんお約束の女子選手同士のお色気攻撃とか、空中殺法とか、お笑いとか、子どもたちや観客とのやり取りとか楽しませていただきました。
女子プロ

農場長的に一番感激したのは、ヒール役の大男選手がエースの若手選手をロープに飛ばした後、オクトパスホールド(卍固め:アントニオ猪木選手が得意とするスペシャルホールド)に技をかけたところ!
技にはいるスピード!足の絡ませ具合!腕をとるタイミング!
もーーー芸術品です!
しかし、しかも、そのエースがホールドを返すのですが、その返し方がものすごい力技!
いやぁーーーー唸りましたぞ!

春耕の雨の日を農休日にして~
すっかり農場長の心に闘魂を注入してさせていただきました♪

【追記】
学生の頃、学園祭で学生プロレスをしました。
素人なのに…でも、楽しかった♪

当時、新日プロレスが大流行。
猪木先生、坂口征二、長州力、藤波辰巳、前田日明、藤原喜明、マサ斉藤、ラッシャー木村、アニマル浜口、タイガーマスク、ダイナマイ・トキッド、ハルク・ホーガン、アンドレ・ザ・ジャイアント、ブラックタイガー、ストロングマシーン1号、2号、3号…
あと、古館一郎(←この人はプロレスラーじゃないけれど)…

懐かしい…涙がでそう…

学園祭のマット
牧草の梱包ベールを白いマットに仕立てて、延髄斬りをおみまいしたあの夏…

アドレナリン全開の青春のマットが懐かしい…
(昭和ね…byヒラリー)

《次記事予告》
―6月の晴天のおかげで~の心―




スポンサーサイト
そこから
4/11
葡萄の奇跡~

そういうつもりではなかったんだけど、そういうことになってしまった農場長です。
(いよいよ今夜からヒラリーと二人きりと新得地ワイン研究会の記事)

本日末娘の高校入学式~と、入寮式。
いよいよ新しい春です♪高校生活もいよいよここから!
入寮式


そして、そんな夜に講習会

昨年春、新得ホリデー農村研究会の総会の雑談時に「新得に地ワインがあったらいいね~♪」みたいな話に花が咲いて、ひょんなことから「ひらさん、会長やってよ」ということで神輿に担がれてしまいました。

農場長が青年だったころ、ノルウェーの農業者団体とスイスのラウペンで合流してWTOの本部があるジュネーブまでマーチした時に、ステイ先の農家でご馳走になったチーズフォンデュとスイスのローカルワインがとても美味しかったこと…
スイスワインは生産量自体はそれほど多くないけれど、パーソナルワインはまさに地産地消として、スイス国民にはとても愛されていると同時にスイス国内でなければ味わえないこと…
ここにきて地元新得町の酪畜製品が充実してきて、新得でも新得でなければ味わえないワインがあれば、それはそれで豊かで美味しくて楽しい農村文化が出来るかもね♪みたいなこと…

知ったかぶりこいてウンチクをたれてしまったのがいけなかったのでしょうな↘↘↘

でも、やっているうちにもっと会長適任者もいるはずでしょうし、そもそもブドウ作りからなのでして、まずはホビー的にやっていきましょうや♪みたいな、ユルユルな研究会会長なのが実態。

おかげで昨年12月には研修で、山梨のブロックワイナリーを経営されている指導農業士の方とお話しできましたし、長野でも素晴らしいワインに巡り合うことが出来ました。

しかし、どうにも如何にすばらしい葡萄をつくるか?ではなくて、美味しいワインを楽しく飲むか?にスタンスしているのはバランスが悪いです。

そんなところを見透かしてか、神輿の担ぎ手になっていただいている事務局団がまずはブドウ作り技術講習会を開催して、いよいよ今春から葡萄の苗木を植えていきましょう!という例会を開いたのが本日4/11。
しかもアナウンス上手な事務局のおかげで、後日某北海道新聞、某十勝毎日新聞に掲載された次第。
ワイン079

いやいやいや…おおごとになってしまいましたぞ
こんなに大きく載ってしまうとは…(白髪、目立ちますな~)

でも、「家族や大切な人、仲間で記念日や特別な日に、自分たちで作った新得のワインを開けられるようになれば…」の想いはちょっとだけ本気モードです。

焼酎工場もなくなっちゃう…
病院もなくなっちゃう…
誘致した鉱塩工場も撤退…
温泉も無償譲渡…
そんな新得のこんな時にワインですかぁ?
…そう、こんな時だからこそ、アマノジャクナ農場長はウソみたいな夢のある話をしてみたくなってしまったのですな~

家族の記念日…たとえば結婚記念日とか…
ちなみにヒラリーは下戸ですが、デザートワインなどをホロリと飲ませて酔わせてみたいですな…
それもまたずいぶんチャレンジャーな農場長の夢です。

【追記】
なによりワインを格好良くたしなむことができたなら、ススキノで女の子とデートした時きっとモテるに違いない…などと、そもそもあまり心がけがよろしくないので、これまたどうなるかわかりません。

ちなみに今回、講師にきていただいた十勝池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の先生方には先方の町長に当方の町長から“仁義”を切っておいていただきました。

ミセス・ヒラリーは…とりあえず何かに挑戦することはいいことなんじゃない…と、協力はしなくもなく的なスタンス。

色々な想いが交錯して、たくさんの人を巻き込んで助けてもらったり、手伝ってもらったり…
でも、実はまだ一滴も搾っていないうちから地ワインの銘柄名、決まっていたりするのです。

ご披露は…まだもう少し先のお話しとしましょう

《次記事予告》
―ルーキーとジャガイモ~の心―




続・人生劇場
1/28
車内誌の楽しみ~

久々の札幌会議の農場長です。
(やり残したことだらけだけどね…)

今朝もしばれましたwww
そんな今日は北海道農業士協会の役員会で久々の札幌会議でススキノ泊♪

実はこの立場で出席するのは今回が最後の農場長。
本当はまだまだやりたいこと、やり残したことがあったけどそれはそれなりに手応えがあって、農場長“らしく”楽しくやらせてもらいました。
貴重な機会を与えていただいた農業士の仲間たちにあらためて感謝です
ありがとうございました♪

さて、ちょっと時計の針をもどして“新得―札幌”間のJR特急の移動中

農場長的に毎回楽しみにしているのが、JRの車内誌

実は以前、道青協の役員をつとめていたころ
JR車内誌H14
農場長家、掲載されていたことがあって思い入れのある車内誌。
(カメラ撮影の告知をヒラリーにしていなかったので、後ですごく怒られましたな~)

たいがいは暇つぶしのはずのJRの移動中の読書も、札幌や東京会議の頻度に合わせて農場長的なルーティーンになってしまいました。

~で、特にお気に入りなのが小檜山博氏の「人生讃歌」
前節までの「新・人生劇場」も大ファンで、読み終わると「ふぅぅぅぅぅぅぅ…」と大きくため息をついたり、人知れず涙を拭いたりして気持ちを震わせて、会議に向かう足どりに力を与えてもらっていたりしていました。

そんなこんなの農場長の作文好きも実は小檜山氏に少しだけ影響を受けていたりして、悪ノリで道青協のHPに「放談コラム」などを事務局に頼んで無理に掲載してもらったことが、過ぎてしまえば懐かしいな~と思う以上にずいぶんと厚顔無恥に無頼なことをしてしまったと、JRの車内誌を読むたびに自分を追いつめていたりして…
ちなみに「北の農園日記」はその延長戦みたいなつもりでいましたが、相変わらずの遅筆にもかかわらず、奇特なブログファンから「いつも楽しく読ませてもらってますよ~」と言われたりすると、ちょっとだけみなぎるものを感じたりするのでした。

そして今回、以前から読みたいな~と思っていた氏の著書「出刃」を思いついたように手に入れるのですが…
出刃
「出刃」
本の帯には“冷害と過疎・離農民の怒りと哀しみを追求した新鋭の問題作”と称されていましたが…

率直な感想を言うと、正直辛くて重い…

なにか胃の中に未消化なものを残したまま、一歩踏みだしていいのか?どうなのか?
仮に何かに踏み出したとして、その勇気は持続するだろうか?
もしかすると、自身のその勇気でさえ簡単に折れてしまうまがい物のような錯覚に陥ってしまいそうになる…いや、もしかするとその錯覚こそが過ちなのだと宣告されたような気分…

もちろん期待を裏切ったということでもないけど、読んで失敗した…あえて読まないでも良かった…と、ドロリとした後味の悪さが残る作品…よほど精神的にも、体力的にも余裕がないときに読んでしまうと得体のしれない闇のようなものに喰われてしまう恐怖感が胸にズシリとしてしまうよう…

時の北方文藝賞受賞作品で高い評価を受けているのを先に仕入れてしまっていたので、このギャップが余計辛いものでした。
その評価も単なる“読み物”としての評価なような気がして(もちろんそれでいいのだけど…)現役の農業人として言いがかり的に『アナタたちに何がわかるのだ!』とドス黒い嫌悪感さえもってしまう。

その未消化なものは食道を逆流し鼻孔に滲出し、嘔吐する時のあの嫌な酸味をもつ鉛のような苦しいもの…作中の冷害、凶作、集落の貧困と過疎、農政の欠陥…さらには人間力のなさ、教育の不毛…

しかもディティールは細かいのです。
たとえば作物の病害被害
「牧草のアワヨトウ」
「稲のバカ苗病」
「いもち病」
「ジャガイモ疫病」
「豆類菌核病」
「ビイトかっぱん病」
…唸ってしまった…唸ってしまっただけに、“離農者=敗者”をここまで痛めつけなくてもよいではないかと思うし、もしもあるとする最後の光明を読者に捜索させて託すようなラストも“生き残った者”として受け止めるとなんとも辛かったです。

農業者の汗と努力だけではいかんともしがたいこと…もちろん今も農業者は多くの血と嗚咽をこぼしていることを知らないから仕方ないのだと、割り切って読めば良かったのかもしれないけど…

そんな黒い感想も逆説的には高い評価に分類できるのかもしれません。

この時代にしてまさに問題作「出刃」

先週から進展しないデスクワークの焦燥感と相まって、小説の中でひかる肺腑をグロリとえぐってしまいそうな「出刃」の鈍い光が目の奥の方をチクチクと刺激するのでした。

【追記】
前記事の駅での口蹄疫対策について

北海道農業士協会の役員会で話題提供として仲間に聞いてみると、駅での対策は滑って危ないとか、なんとかとしておりましたが、1/29札幌からの帰宅する日に新得駅では消毒用マットが設置されていることを確認しました。

もしかすると、気づかないだけで以前から設置されていたのかもしれません。
~が、だからこれで安心ということではなくて、これからもしっかり注意喚起していかなくてはならないと思いました。

ちなみに受験生の末娘のクラスは、管内の志願状況が出たとたんインフルエンザで学年閉鎖です。
ススキノ帰りのデブな農場長の機嫌のよさに、ヒラリーの視線も鋭角的で、どうにも農場長の周辺はここにきてチクチクだらけなのですな~




ご趣味はなんですか?

5/24
黄金のリップス…満開のデンドロビウム・ガットンサンレイ~
デンドロ黄色

「趣味はなんですか?」
~と、聞かれたことがありました…即答できずちょっと“ドキリッ!”

小学校からやっていた剣道…好きだけど、最近は防具をつける代わりに贅肉をつけてるし~
魚釣り…好きだけど、川が怖くなったし~
自転車…同窓会は好きだけど、東京まで行って燃え尽きたし
北国ならではのスキー、スケート…好きだけど、寒いし~
陶芸…好きだけど、自分のセンスのなさにがっかりしたし~

ようするに歳をとってオックウになっちゃった感じ…
(←ダメダメ中年オヤジだな!byヒラリー)
野球観戦は大好きだけど、地元の高校野球の支部代表決定戦くらいで、まだ札幌ドームで応援したことがありません。せいぜいトラクターのキャビンでラジオ中継に雄叫びをあげている程度…
アクティビリティなものはNGになってきました↘

パチンコ…しません(あまり負けたこと無いけど)
ゴルフ…しません(ひと通り道具はあるけど)
麻雀…しません(何となくルールは知っているけど)
ようするに、お小遣いがないから~
(←自分で何とかしろ!byヒラリー)

アルコール…好きだけど保健指導中だし
いわゆる“のむ・うつ・かう”は基本NG。家訓だったりします~
(祖父が厳しかったらしい…でも生前、祖父が一番ぶっ飛んでたかも↗)
ちなみに“かう”は、『モテ期』(20代前半に最大瞬間風速的にありました…)の終焉とともに縁がないものと諦めております。
(←ほんとーか?(疑)byヒラリー)

カラオケ…気がつけばワンマンショーになっていて、みんな引いちゃうし~そういえば、JA青年部活動もそうだったし、PTA活動もワンマンだって指摘されてるワ…気をつけなければ。

読書…家中、図書館みたい♪本棚たくさん♪ジャンルも豊富♪
でも最近は乱読気味で、睡眠儀式が読書なのでベッドのまくら元は本だらけ、読みかけの本だらけ~(←いいかげん片付けて!だらしない!byヒラリー)

お料理…一昨年のアキレス腱全断から人生の夏休みのつもりで始めた男の料理も、楽しくてやりがいはありますが最終的に実務チックになってしまって、少なくとも趣味の領域ではありません。
冷蔵庫の中の食材の消費期限や半端に残したものが気にかかってしまって…
(←完全に主夫目線ね~これからも頼むわよbyヒラリー)

カメラ、ビデオ…子どもが大きくなって、出番が無くなっちゃったし~
(←道具ばかりお金かけて!byヒラリー)

ブログ…書くのも読むのも楽しいけど、次から次にネタがあるわけじゃないしね~
(まさに今回は裏ローテーション的ネタ)

青空の下のカルチィング…腕がなるけど、ありゃ~仕事だし…プロの…
(言いきっちゃうほどプロ度高くないけど…)

あらら…無趣味…仕事人間?
(←実年離婚の第一段階クリアかも…byヒラリー)
子作りも20代で終わってしまったし、子育てもお金がかかるようになって、逆に何となく黄昏てきました…(野球少年団や運動会や学習発表会…楽しかったなぁ~)

あ…
ありました!

花が好きです♪(照)

…と、ある時、宴席でカミングアウトしたらJA女性部の役員のお母さん達に「えええ~っ!にあわな~い!」と、突っ込まれましたが、たまたまちょっとレアな洋ランの本を持っていたのでそれをネタにすると、話が盛り上がってそれ以降「見かけによらないワぁ~」と言われながらも、打ち解けて事業のたびに可愛がってもらったことがありました♪

特に洋ランが好きです♪

今年も咲きました♪デンドロビウム・ガットンサンレイ♪
デンドロ満開全開

5年前の住宅の新築時に居間に飾りたいと秋祭りの出店で買いました~
デンドロの種類もたくさんありますが、株の大きさや華やかさは別格なのだそうです。
毎年、黄色がきれいに咲きますが、今年は一段とゴージャス♪

「なんて素敵なんだ…きれいだよ…♡」
…と、鉢元で囁いてあげると一層きれいに咲き誇ります♪
(←水やりとか管理しているのアタシだし!byヒラリー)

ちなみにデンドロビウムの花言葉は…“わがままな美人”
わがままな美人に「綺麗だね…ステキだよ…♡」と、囁くのが…
私の趣味です♪
(←じゃ~耳元で囁いてごらんなさいよ!byヒラリー)




焼肉『平和園』と相棒の万歩計
3/29
だって好きなんだもん~

今日は今月最後の”総会”って名前がつく会議…新得町剣道連盟の総会です。

たまたま、屈足(くったり)地区の会員が多いので、久々の地元の焼肉屋さんが会場です♪
ちなみに「焼肉 屈足 平和園」は、有名な帯広市内にある「平和園」からのれん分けした、こんな田舎でも老舗で人気の焼肉屋さん♪
愛用の鉢巻きタオル

実は…
楽しみは楽しみなのですが、すこし前に先月のメタボ検診の結果通知で呼び出しがかかり、いや~な宣告を受けてしまいましたが、特に”GTP”が桁違いの数字!(驚)
ちょっと笑えない…レベル!
12角形のグラフのレッドゾーンを飛び出しています(驚)
先月、検診前週の東京~札幌~東京が肝臓をフォアグラにしているみたいです。
飲みすぎ…食べ過ぎ…運動不足…

保健婦さんはニコヤカでとても感じがいいのですが、目は笑ってなくて
「精密検査の案内ですからね~♡」
と、変な書類を渡されています…もちろん、万歩計も~
(←とうとうそんなレベル…歩け!歩け!なんて…)

足りない消費カロリーはしかたなく…茶の間でエアロバイクトレーニングの復活(H17のジュネーブマーチトレーニング以来)です!

万歩計…
万歩計

最初は煩わしくて、トイレに落としたり(大の時←保健婦さんごめんなさい~)色々ハプニングがありましたが、ところが今や可愛い相棒と化していますwww
ちなみに、万歩計~どれくらい優れているのかというと就寝時、パジャマに着けて例えばヒラリーとベッドで仲良くしたりしたら、それもちゃんとそれなりにカウントするらしい…
(そんなところまで、保健婦さんきちんと保健指導してくれるらしい…)
(「そんなこと保健婦さんに聞くなんて、バッカじゃないの!」(怒)~byヒラリー)

でも、でも、ジンギスカン大好きなんです…平和園の♪

ユッケも…♪
ユッケ

レバ刺しも、ミノも…♪

もちろんビールも…♪

「食育が大切!」って、声高に叫んでも”GTP”がその数値じゃ説得力無いかしら?
不健康で不摂生な生産者が作る農産物って説得力無いかしら?

万歩計の数値は冷徹すぎるほど寡黙です…