FC2ブログ
プロフィール

ひら農園

Author:ひら農園
ようこそ、「農園日記」へ
北海道、十勝の新得町屈足地区で農業を営んでいます。
作物たちの成長や農村の暮らし、農園の四季を綴っています。

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

北の農園日記
北海道十勝のこだわりのジャガイモ・とうもろこしなどを栽培し、産直販売や観光農園、農業体験も行っている、ひら農園のオーナーが日々の農園の様子をお伝えします。
それでも強く
3/15
新得町立屈足中学校 第63回卒業式~

被災地を思うと複雑な心境の農場長です。
(白い光の中で山並みは燃えて)

今日は卒業式
卒業式舞台

農場長家の末娘の卒業式でもありました。
~で、農場長はPTA会長として最後の祝辞

東日本大震災の被災状況が報道される中、福島県、宮城県の僚友とようやく電話がつながり、その惨状の凄まじさをお聞きして、ただただ言葉を失うのです。
そのような中、当日は被災地も中学校の卒業式があったとのこと。
避難所になっている教室の黒板に書かれている卒業生の夢や希望を思う時、卒業生を送る立場の当事者として15歳の春を複雑にむかえるのでした。

==================

「祝辞」

白い大地からのぞく土のかおりに新しい春の到来を感じさせる季節となって、今日のこの日を迎えることとなりました。

卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。

いま、こうして君たちを見ていると、その旅立ちの姿にたくさんの想いがあふれてきます。
制服に包まれてもまだ幼かった君たちが、いまこんなにも逞しく輝いていることに、君たちを支えているたくさんの人たち…お父さん、お母さん、家族、友人、先生たちは共に大きな喜びと感動で胸が一杯になっています。

そういうものに、君たちは育まれ、見守られ、愛されてきました。

想い出して下さい
春の恵の豊かさを…汗と涙を流しあった体育祭
最後まで、最後まで…駆け抜けたグランドは、君たちのことをけして忘れません。

想い出して下さい
夏の雲湧くきらめきを…勝利と悔しさをチームメイトと分かちあった部活動
君たちの背中を、輝きを…後輩達はきっと受け継いでくれるはずです。

想い出して下さい
秋を彩る美しさを…一人一人が主役だった文化祭
迷いながら、悩みながら…取り組んだもの先に手に入れたものは、君たちを一回りも二回りも大きく成長させました。

想い出して下さい。
冬のシバレのりりしさを…それぞれの進路の想い
新しい春の旅立ちを前に、背中を押し、励ましてくれた父、母、家族、先生達、仲間…その暖かさを

その時、いつも君たちのそばで支え、励まし、寄り添ってくれた大切な人たちがいたはずです。
時には厳しく諭し、迷った時は導いてくれた大切な人たちがいたはずです。
共に喜びあい、ケンカもして、ふざけ合って、それでも感動と達成感を共有した大切な人たちが、いつも一番そばにいたはずです。

そしてこれからはそれぞれの新しい春を迎えて、君たちが君たちの未来をその若さと、逞しさで拓いていかなくてはなりません。
そして今度は、君たちが誰かのそばにいて、励まし、支えていく人になって欲しいと思います。
『あなたがそばにいたから、頑張れた…楽しかった…救われた…諦めなかった…嬉しかった…』
そんなふうに言われる、美しくて逞しい若者になって下さい。

卒業生のご父兄の皆様には、あらためてお祝いの言葉を贈りたいと存じます。
皆様には、本校PTAの事業に特段のご理解とご参画に長年にわたり力を注いでいただきました。今後とも変わらない愛情でこの地域の学校教育を共に考えることに、今少しの力をお借りしたいと存じます。

また、校長先生をはじめ教職員の皆さんには、子供達の陰となり、日なたとなり、時には横にいて、あるいは後から支えていただき、まさに日々育むことに多くの力を注いでいただきました。ありがとうございました。
この巣立ちの時を見送る私達と、子供を介しその絆を共有できることの素晴らしさを、今更ながら噛み締めております。

結びに、本日のこの旅立ちの時が皆さんの希望ある未来と、新たな可能性を創造する出会いにつながりますことをご祈念申しあげまして、お祝いの言葉と致します。

本日はおめでとうございました。


さて、さきの東日本を襲った大震災で被災に遭われた方たち、関係者の皆さんに、心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。

時間の経過とともに、被害の状況や被災された方の悲痛な想いがメディアで放映されておりました。
皆さんのご家族の中には、災害現地に支援派遣される予定の方もいるとお聞きしました。
避難所になっているある中学校では、ちょうど卒業式だったということで、今まさに皆さんと同じように、夢と希望に羽ばたく新しい春を踏み出す矢先の大災害であったことに、人智を超えた自然の脅威と甚大な被災の哀しみに言葉をなくしてしまいます。

しかしだから、こういう時こそ、普段当たりまえにある食料や水や電気のありがたさがわかります。
こういう時こそ、地域の人たちの助け合う心が大切なことを感じます。
そして、こういう時こそ、家族の絆が尊いことを思い知らされます。
ひとりでも多くの命が救われることを切に切に祈り、一刻も早い被災地の普及復興を願うばかりです。

この震災にあたり、私たちに出来ることはなんでしょうか?

私たちだからこそできること、やれることがあるはずです。
私も、私たちも、皆さんもそれぞれできることをしっかりやらなければならないのだと思います。

皆さんの未来はけして明るく楽しい夢のあるものばかりとは限りません。むしろ人生は辛く悲しいことばかりです。
それでも、ひとは強く優しく生きていかなくてはなりません。そのためにかく汗があるのだとしたら、その汗は皆さんの未来をけして裏切らないと思うのです。

震災を悼む心を前にして、旅立つ皆さんに多くの想いを託したいと存じます。

以上、祝辞といたします。

==================

ちょっと重たい祝辞

被災された子どもたちの笑顔が一刻も早く戻りますように…

ただ、ただ…祈り、願うのみです。

【追記】
卒業式の後段、「卒業生を祝う会」で会食がありました。

末娘たちの同級生に甜菜の播種作業にアルバイトにきてもらった時に、ヒラリーが色々と仕込んでおいたようですが、子どもたちはそういう期待にこたえて余りあるものを表現してくれました。

「親に向けたお手紙…(by末娘)」

====================================

お父さん・お母さんへ

父さん、母さん、15年間育ててくれてありがとうございました。
私はまだまだ子どもで、ダメダメだけど、今までの感謝の気持ちを込めて手紙を送ります。

父さん…父さんはつねに明るく元気でおもしろいです。でも、私と同じくらい子どもです。すぐ「いじける」し「しっと」ばかりしています。
けど、仕事には真剣で真面目に取り組んでいます。私は父さんがトラクターで運転している姿を見ながら私は今まで育ってきました。色々迷惑をかけました。これからも色々なことで迷惑をかけるかもしれませんがよろしくお願いします。

母さん…母さんは大家族の家事や仕事などとっても忙しい日々を送っていますよね。
毎日が大変だと思います。私の前ではつらい表情なんてみせなかったけど、本当はとってもつらかったと思います。
けど、家族のために一生懸命になれる母さんはすごいと思います。でも、身体の方がとっても心配です。無理はしないでください。お願いします。

私は「高校」という新たな社会の一歩を踏みきります。その中には期待や不安、喜び、たくさんの思いを持っています。これから困難な壁にぶつかる時もあると思います。でも、父さん、母さんは私が困難な壁を乗り越える瞬間を見てて下さい。私はどんな壁だって乗り越えてみせます!見守ってくれるだけで私の力になります。なのでこれからも応援し見守ってて下さい。お願いします。

最後に、父さん、母さん、生まれてきてくれてありがとう。
二人が出会ってよかった。結婚してくれてありがとう。姉、兄を産んでくれてありがとう。
そして1996年2月6日に私を産んでくれてありがとう。
屈足の同級生に会えてよかった。いい友達がたくさんできました。最高の友達です。
会わせてくれたありがとう!
二人の間に生まれてこれてよかったです。

ありがとうございました。

大好きです。

====================================

名司会のヒラリーも涙声でつまっておりましたな(涙)

それぞれの手紙も笑いあり、涙あり♪♪♪
お母さんも先生も生徒たちも感動でした(涙)

こういう気持の機微、一つ一つが家族や仲間の絆を強くするのだと思うのです。

農場長も、またひとつ宝物が増えました~




スポンサーサイト
おみまい~どうかご無事で
東北・関東大震災で被害に遭われた方々、心よりお悔やみとお見舞い申し上げます。

時間の経過とともに、被害の状況や被災された方の悲痛な想いがメディアで放映されておりますが、被災された方の無事と、復旧復興を願うばかりです。
ひとりでも多くの命が救われることを、切に切に祈ります。

宮城や岩手の友人たちと連絡がとれません。
どうか無事で…祈るばかりです。

農場長も農場長ができることをしっかりやろうと思います。




土…おもたし
3/6
新しい春は筋肉痛からやってくる~

実はどれが筋肉痛か分からなくなっている農場長です。
(逞しい中学生のおにいちゃんたち♪)

いよいよ、春の育苗作業開始!
まずは甜菜の育苗土の準備からです。

今回は末娘の同級生の中学3年生の男の子ちゃんたちが、アルバイトにきてくれましたーっ!

しかし、どうしたことか供給するベルトコンベヤーの調子が悪い↘↘↘
(ちなみに通した土はパックに入れてセカンドハウスに保管しておきます)
例年より土壌水分が多いのかも…(昨年夏、雨多かったからなぁ~)

さて、どうしましょう…このままじゃ全然はかどらない(困)

そこで、ヒラリー閃きます☆☆☆
「スコップで入れましょ♪」

いやぁ~楽することしか考えていない農場長でしたから、そー来るとは思いもしませんでしたな…まさに青天のヘキレキ~じゃなくてヘキエキでしたな~

でも、だからこそこういう時の出番なのが件の中学生のおにいちゃんたち♪

“シュウタ君”が土のパイルをスコップで寄せていき…
“ユウキ君”と“ショウタ君”がスコップつかって交互に土通し器に入れていき…
“コウジ君”が一輪車で排土していき…
つちとおし

終わってみれば順調に~♪28パック!土の重量で約30トン!
いやいや、けっこうこたえたでしょうなぁ~

おつかれさま♪
ごくろうさま♪

明日の朝は筋肉痛で動けなくなるかもね(痛)
ありがとう♪
たいへん助かりました♪

次の週末はいよいよ甜菜の播種作業~

頼もしいな~と思う末娘の同級生たち

卒業式まであとわずか…
いつの間にかおじさんの背を追い抜いた男の子たちの腕に、春を動かす想いを託してみるのです。

【追記】
でも、農場長もなまけず少しだけスコップ使いましたぞ!

想い起せば農場長が中学生、高校生のころは、ラジオで高校入試の合格発表や春の甲子園や大相撲の春場所を聞きながら、土通しのスコップ使い、ほぼ一人きりでやっていましたな~
(父、母は共同仕事の手間がいで家にはいなかったから…)
ふりかえると身体づくりの貯金をその頃一生けん命やっていたのでした。
(今じゃ見る影もないけど…)

しかし、普段からしてあちこちが思うように動かなくなってくると、どこからどこまでが筋肉痛なのか分からなくなってしまい、しかもそもそも“いつ?”の筋肉痛なのか分からなくなってきました。

自分のダメさ加減に嫌気がさしてくるのですが、それもまた仕方がないのかなぁ~?

ヒラリー「アナタなんてトラクターのってただけじゃん!」

い、い、痛い…筋肉も、心も…

《次記事予告》
―春の星空に心奪われて~の心―




さっさと
3/3
桃の節句の女の子たち~

オトコってなかなか複雑なんだな~と思う農場長です。
(心の準備って…)

もし突然、年頃の愛娘に

「真剣にお付き合いしている彼がいるの…今度会ってほしんだけど」

…って言われたら、どうしますか?



さて、今日はお雛様♪
農場長家のお雛様は由緒ある旧家の物~ってわけではないけれど、それなりに美人なお雛様たち。

そんなお飾りをして以来、立て続けに単身女性たちがお客様で農場長家にこられるのです。

ヒラリーいわく
「お雛様、飾っているかぃ?一年に一度のことだから顔のあるものはちゃんと飾らないとご機嫌を損ねるのよ。ご機嫌損ねたらお嫁さんに行けないんだから!」
どの娘にもレクチャーしておりますな~
(長男の彼女、レディースファームスクールの研修生OG、某肥料会社のセールスレディ…)

ことの真偽はともかく、桃の節句を過ぎて早くお片づけしないと嫁にいき遅れる~なんて俗説もありますが、農場長的には「じゃぁね~♪」なんてさっさと嫁がれても困るのですが、やはりいき遅れるのも不憫でなりません。

なので農場長家、例年オカタは早いです…で、今年は特に早い!(驚)
夕食のご馳走が終わるか終らないかのうちに、さっさとヒラリーと末娘の三女と帰省していた次女で片付けてしまいました。

そ、そ、そんなに早くお嫁さんにいきたいのか~?

次女、三女「はぁ~???『さっさといけ!』って、言ってるの父だし!」

そ?そうね~そうそう!さっさといけ!すぐいけ!いけるもんならいってみろ!
もーーーーこうなったらいったもん勝ちだ!いけいけいけいけ!すぐにいけ!

次女、三女、ヒラリー「そんなこと言っていいの~?ワンワン泣くくせにぃ…」

別にいいんだ!花嫁の父は!泣き虫の家系だから!

次女、三女、ヒラリー「それにお姉ちゃんなんて…ねぇぇ~~~???」

な、な、な、なんなんだ!その『ふ、ふ、ふっ…』的なほくそえみ笑いは!
き、き、き、気に入らないぞ!
お、お、お、お姉ちゃんがどうしたっていうんだ!

次女、三女「さあね~???お母さんに聞いてみたら~」

ヒラリー「さあね~???本人に聞いてみたら~」

(絶句…!)そ、そ、そ、そんなこと怖くて聞けないし…


あ…でも、そういう覚悟って全然できていないわ~(沈)
どうせ、もう少し先の話でしょう…もう少し?…あと少し?…どれくらい先の話?
(まっ、その時はその時だけどね)

こんなふうにお雛様を飾ったり、しまったり…あと何回できるでしょうか~

ふうふふくろう

【追記】
農場長家のお雛様は場所をとらない三人官女の二段飾り
でも、お人形さん自体は結構大きくて、来宅するお客様には「りっぱなお雛様かざりですね~」と、たいがい褒められます♪
(てまえ味噌だけど~それに、自慢じゃないけどとても美人なのだ♪♪♪←農場長的主観)

某知人(母友)談
『わが家のは部屋いっぱいの七段飾り…出すのも、しまうのも一苦労…しかも、女の子たちは家を出て今では誰も愛でてくれないし…だから面倒くさいから飾らない…お嫁にいけなかったらお嫁に行けないでいいし~』

娘さんが巣立つと意外とそういう家庭、多いらしい…
それでも件の母友、農場長家のマメにお飾りするお雛様はシンプルなのに豪華で羨ましい~という…
意外と結婚適齢期(←そもそも死語だけど)が高齢化し、婚活女子が増える遠因になっていたりしてね?

たいがい初節句におじいちゃま、おばあちゃまにプレゼントしていただくか、代々祖母から母、母から娘と受け継ぐ雛人形も、たとえ一年に数日のお披露目でもあの時のあの事を想いだしたりして楽しいとおもう…

わが家のは、娘たちが保育園児の頃に作ったお雛様の絵や折り紙などの工作も一緒にしまったりしているから、それはそれは賑やかで華やかに飾りつけられます。

「真剣にお付き合いしている彼がいるの…今度会ってほしんだけど」

なんて言われたら、お雛様の絵や折り紙の工作、涙で滲んで見えなくなっちゃうだろうな…

~なんて思う加齢臭で疎まれているオヤジの今日この頃…

《次記事予告》
―新しい春は筋肉痛から~の心―




サクラ サケ!
2/18
新しい春、すぐそこに~

実はけっこうヤバいかなぁ~と思っていた農場長です。
(子育て区切りの親バカ記事)

本日、末娘の合格内定の連絡が届きました。
内定通知

職員室からかけてくる電話越しの声は涙声だったそうで、ヒラリーも思わずもらい泣き(泣泣泣)

内心、農場長もヒラリーも姉たちも兄も学校の先生も何となくヤバイなぁ~と思っていたので、大喜び♪
兄姉たちもメールで連絡しあって家族皆で喜びを分かち合った次第。

でも末娘、この春からは寮生活で本人は少しだけそれを楽しみにしているようですが、泣き虫でオットリしていてヘッポコな要領の悪い末っ子ですから、心配と言えば心配…
どうにかなると言えばどうにかなるのかもしれませんが…さてさて、どうにかなるのでしょうか?

それよりも何よりも、この春からわが家は農場長とヒラリーのふたりぼっち。
「ラブラブでいいわね~」とか「奥さんたいへんだ~」とか「さびしくなるね~」とか外野からはいろいろ言われておりますが、ふたりぼっちならそれはそれなりに奥さん孝行しなくてはなりませんな~

~でもって山村留学生でも受け入れしようかと、ちょっとだけ本気に考えたりして…
食べ物に好き嫌いなく、野球好きで、元気で明朗闊達で、芸達者な小学校中学年くらいの男の子がいいなぁ~
トラクターにもコンバインにも乗せてあげられるんだけどなぁ~

いやまてよ…野球少年団も、スケート少年団も、PTAも復活?????
いかんいかん!「これで義務教育も卒業です」宣言して、PTA総会で涙のお別れ挨拶する予定なのに、あっけなく復活か?節操無いな!と怒号が飛び交うね、きっと~

若者たちの新しい春もすぐそこにみて、希望の桜に色々な想いを託しつつ、合格祝いのプチご馳走にキンキンに冷えたビールがグビグビと喉をならすのでした。

【追記】
春からふたりぼっち…
たまに帰省してくる娘たちは
『このままじゃ、お母さんはカダフィー政権下の民衆のようでますますかわいそう!』
とばかり“真の民主化を勝ち取ろう!”キャンペーンを展開しつつ「オヤジの加齢臭をなんとかしろーーー!」的なシュプレヒコールを叫ぶ始末。

お願い…私たち夫婦のことはそっとしておいてください。
変な入れ知恵しないようにー

《次記事予告》
―男親とは複雑なのだ~の心―




指導される
2/17
農業人生の一区切り~

少しだけ肩に力が入っている農場長です。
(悪党にはなかなかなれないね)

唐突に…
農場長、指導農業士になりました。
ススキノ連泊はその称号贈呈式に参加するためでした。
バッチ

『指導農業士?何ですか…それ?』

よく聞かれます。
(特にわが町ではJAでも、役場でも…)
う~む…さてさて、なんて説明すればいいのでしょうか?

“サムライ”の集まりでしょ?
(→そう思われるのも嫌なんだけど、実際そうなのかもね)
ドイツのマイスター制度にならったもの…らしい?
(→目指すものはそうだったらしいけど、実際は全然違う方向に行っちゃったね)
いわゆる“エゴファーマー”ですよね?
(→農場長は自然にも、子どもにも、女性にも優しいエコファーマーだけどね)

いずれ、これからの指導農業士、どうあるべきか?は、議論しなくてはならないでしょうか…
(あ…青二才のペイペイが余計なこと考えることないね)

そもそも農場長が指導農業士だなんてありえんわ…

でも、なった以上は頑張ります。

ちょっとだけ真面目な話をすれば…
(もしこれからも、出来ることがあるとするならば…)

担い手や後継者育成に力を注ぎたい。
これだけ農村が枯れ進むと人材教育の以前に人材確保が難しくなってくる。
もちろん、ビックファームを否定しないけど、これからは自己経営の発展と農村振興は高度な部分で両立しなければならないと思う。
でも、その答えを出していくのは指導農業士や、ましてや農場長ではない…
これからの若者、希望のある未来を信じて汗をかき努力を惜しまない担い手農業者こそがその答えを求めていかなければならないと思うのです。
そういう人材を育てる一助になるのなら…

もし、農場長に託されている指導農業士の称号の意味とは?と問われたら、そんな風に答えたいと思います。
もちろん、農場長もまだまだ発展途上ですが…

【追記】
後日、役場に行って称号贈呈の報告をしました。
案の定、「指導農業士って何をするんですか?」と副町長に聞かれました。

農場長「これからも、ますますヒラリーに指導されるということです(笑)」

副町長&係長「あははははははは…(爆失笑)」

いちばん分かりやすい説明でしたな~

【追記の追記】
贈呈式後段に会場で某ローカル新聞社の取材をうけました。
一緒に称号贈呈した大学時代の先輩と悪のりして、どちらを代表取材にしようかと件の美人記者相手に

農場長「もし今夜、デートに誘われるとしたら農場長と先輩、どちらが好みですか?」

と、逆取材してしまい同席の道庁職員に怒られましたな~

こういう品格に欠けている部分がヒラリーの指導対象になるのでしょう。

指導農業士…奥が深い♪

《次記事予告》
―咲いたら咲いたで心配~の心―