FC2ブログ
プロフィール

ひら農園

Author:ひら農園
ようこそ、「農園日記」へ
北海道、十勝の新得町屈足地区で農業を営んでいます。
作物たちの成長や農村の暮らし、農園の四季を綴っています。

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

北の農園日記
北海道十勝のこだわりのジャガイモ・とうもろこしなどを栽培し、産直販売や観光農園、農業体験も行っている、ひら農園のオーナーが日々の農園の様子をお伝えします。
ジャガイモ好きには悪い人はいません/ver.2011~
4/18
自分のことを“にいさん”と呼んで悦に入る中年オヤジとLFS(レディースファームスクール)16期生のチーちゃんとジャガイモ植え~

寒かったり、汗だくだったり、埃まるけの農場長です。
(遅ればせながら「ひら農園」の新スタッフの紹介記事)

4/8は第16期LFS研修生の入校式
兵庫県出身のチーちゃん!(~と、ヒラリー・右)
ちーちゃん

我が家にとっては11期目(H13年から)、なんと18歳!(驚)
農業高校生出身~まるで娘のよう(長男の1歳年下、次女の2歳年上)若いですな~楽しみです♪
今回は農場長を名前で“かずおさん”、ヒラリーを“かよこさん”と呼んでもらうことにしました。
いやいやいや…“かずお”さんだなんて、緊張しますな~照れますな~恥ずかしいですな~
奥さんにだってそんな風に呼ばれたことないのにね~

さて、そんなチーちゃんは先週、種子馬鈴薯の選別をやり、単肥配合をして、いよいよ本日午後から馬鈴薯の植付です。
馬鈴薯植付開始

農場暦的には平年並み、昨年より10日早い始動ですwww
“レッドムーン”“キタアカリ”“メークイン”“インカの目覚め”、そして澱粉原料用の“コナフブキ”
順調にいけば5日でおつりが来ますが、女心と春の空…
複雑な乙女心のように、畑と、ジャガイモと、天気予報と…にらめっこが続きます。
ジャガイモ植付下段

十勝は今週末雪マークで大荒れ予報~できればそれまでに終わらせたらいいけどちょっと無理かも…

それでもトラクターの轟音とともに一本一本、着実に植え付けられていきます。
植え付けられた畝の数だけ春を重ねていくようです♪
カッター交換

農夫たちの待ちわびた春がいよいよ到来です!

【追記】
新社会人、ルーキーな18歳のチーちゃん
キラキラした笑顔と一緒に、今年一年どんな宝ものを手に入れるでしょうか~

ちなみにポテトプランターも、装着しているトラクターも我が家にとっては名コンビ。
製造されてから20年以上になります。

あら…チーちゃんより年上よ(驚)

いよいよ新しい春~
農園スタッフとして共に大地を踏みだします♪

【追記の追記】
マダム・ヒラリーは農場長のことを名前では呼んだことがありません。
たいがい「ひらちゃん」…自分だってそうなのにね~
これが殺気モードだと「ひー!」です。
そう呼ばれた時は割と覚悟が必要です。
あと軽蔑視線の時はフルネームで「ひらかずお」です。
「おい!」とか「ねぇ!」とか「おまえ!」とか「あーた!」とかよりはいいかと思う農場長です。

《次記事予告》
―僚友に贈るガンバロウ!~の心―




スポンサーサイト
そこから
4/11
葡萄の奇跡~

そういうつもりではなかったんだけど、そういうことになってしまった農場長です。
(いよいよ今夜からヒラリーと二人きりと新得地ワイン研究会の記事)

本日末娘の高校入学式~と、入寮式。
いよいよ新しい春です♪高校生活もいよいよここから!
入寮式


そして、そんな夜に講習会

昨年春、新得ホリデー農村研究会の総会の雑談時に「新得に地ワインがあったらいいね~♪」みたいな話に花が咲いて、ひょんなことから「ひらさん、会長やってよ」ということで神輿に担がれてしまいました。

農場長が青年だったころ、ノルウェーの農業者団体とスイスのラウペンで合流してWTOの本部があるジュネーブまでマーチした時に、ステイ先の農家でご馳走になったチーズフォンデュとスイスのローカルワインがとても美味しかったこと…
スイスワインは生産量自体はそれほど多くないけれど、パーソナルワインはまさに地産地消として、スイス国民にはとても愛されていると同時にスイス国内でなければ味わえないこと…
ここにきて地元新得町の酪畜製品が充実してきて、新得でも新得でなければ味わえないワインがあれば、それはそれで豊かで美味しくて楽しい農村文化が出来るかもね♪みたいなこと…

知ったかぶりこいてウンチクをたれてしまったのがいけなかったのでしょうな↘↘↘

でも、やっているうちにもっと会長適任者もいるはずでしょうし、そもそもブドウ作りからなのでして、まずはホビー的にやっていきましょうや♪みたいな、ユルユルな研究会会長なのが実態。

おかげで昨年12月には研修で、山梨のブロックワイナリーを経営されている指導農業士の方とお話しできましたし、長野でも素晴らしいワインに巡り合うことが出来ました。

しかし、どうにも如何にすばらしい葡萄をつくるか?ではなくて、美味しいワインを楽しく飲むか?にスタンスしているのはバランスが悪いです。

そんなところを見透かしてか、神輿の担ぎ手になっていただいている事務局団がまずはブドウ作り技術講習会を開催して、いよいよ今春から葡萄の苗木を植えていきましょう!という例会を開いたのが本日4/11。
しかもアナウンス上手な事務局のおかげで、後日某北海道新聞、某十勝毎日新聞に掲載された次第。
ワイン079

いやいやいや…おおごとになってしまいましたぞ
こんなに大きく載ってしまうとは…(白髪、目立ちますな~)

でも、「家族や大切な人、仲間で記念日や特別な日に、自分たちで作った新得のワインを開けられるようになれば…」の想いはちょっとだけ本気モードです。

焼酎工場もなくなっちゃう…
病院もなくなっちゃう…
誘致した鉱塩工場も撤退…
温泉も無償譲渡…
そんな新得のこんな時にワインですかぁ?
…そう、こんな時だからこそ、アマノジャクナ農場長はウソみたいな夢のある話をしてみたくなってしまったのですな~

家族の記念日…たとえば結婚記念日とか…
ちなみにヒラリーは下戸ですが、デザートワインなどをホロリと飲ませて酔わせてみたいですな…
それもまたずいぶんチャレンジャーな農場長の夢です。

【追記】
なによりワインを格好良くたしなむことができたなら、ススキノで女の子とデートした時きっとモテるに違いない…などと、そもそもあまり心がけがよろしくないので、これまたどうなるかわかりません。

ちなみに今回、講師にきていただいた十勝池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の先生方には先方の町長に当方の町長から“仁義”を切っておいていただきました。

ミセス・ヒラリーは…とりあえず何かに挑戦することはいいことなんじゃない…と、協力はしなくもなく的なスタンス。

色々な想いが交錯して、たくさんの人を巻き込んで助けてもらったり、手伝ってもらったり…
でも、実はまだ一滴も搾っていないうちから地ワインの銘柄名、決まっていたりするのです。

ご披露は…まだもう少し先のお話しとしましょう

《次記事予告》
―ルーキーとジャガイモ~の心―




とどいてください
4/8
大震災被災者にむけて~

子育ても一区切りの農場長です。
(PTA記事、連投です)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

久々の農園日記更新♪

思う以上に順調な春を迎えて、農場長家は一気に春耕期に突入しました!
しかもこの時期、年度始めということあって各会、各業界の総会や役員会や会議や研修や歯科医受診(←農場長の個人的事情だけど)が連日続いて、終日しっかり農作業が出来ない状態に…
いつものことですが、こういう時って何故かすごく疲れますなwww
しかも、ヒラリーの作る夕食には睡眠薬が入っているようですしwww

追いつくまでは“過去日記”状態ですが、リアルタイムの日記になんとか追いつくように努力します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は中学校の入学式
中学入学式
農場長にとってPTA会長としての最後のお仕事

さて、そんな中、新年度に持ち越す案件も若干…

先月の東日本大震災時に、新得町PTA連合会の会長から「支援や募金活動など各学校単位で独自に取り組むことにしましょう」と、連絡がありました。
すでに子どもたちは生徒会や児童会ごとに独自で募金活動に取り組んでいるとのこと…で、PTAとしてもあらためて町単位で取り組まないこととしましょう~という申し入れ。
ちなみにこの時点でも、全P連や、道P連や、十P連で何かやりましょう~的なお話はありませんでした。

そこで農場長、考えました。

実は今春、末娘が高校進学に合わせて寮生活となってわが家はヒラリーと二人ボッチ。
喪失感というほどの物でもないですが、4人いた子どもたちが次々といないとなるとかなり寂しい…寂しい…

そこで、山村留学生でも受け入れてみようか♪
(夏休みの農家ステイの実績もあるしね)
みたいなことをヒラリーと話し合っていたのですが、そこにこの大震災。
自然と被災遺児の情報に目がとらわれてしまいます。
農場家もなにか出来ることがないだろうか?
里親となるとやはりハードルが高いですが、被災児童の疎開避難の受け入れ家庭の登録しようか?~と、地元教育行政や被災地の関係者と電話などでやり取りをしていました。

子どもたちも「お父さん、お母さんならたぶんそうすると思ったよ」なんて言ってくれて賛成してくれていたりしました。

しかし、やはりままならないことが多くて、実際はなかなか難しい…
たとえ孤児でも、知らない土地の知らない人だらけの所に~というのは、難しい。
たしかに…想像に難くありません。

結局、今回は小、中学校のPTA役員さんと相談して、ヒラリーや校長先生にも助言をいただき、そんな農場長の想いでこんな取り組みにさせていただくことにしました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

平成23年4月8日
屈足南小学校・屈足中学校PTA会員 各位

東日本大震災にかかる支援募金運動のお願いについて

 3月11日に発生した巨大地震や津波により、東北関東地方が大きな被害を受けており、多くの子どもたち、保護者、学校関係者が被災されております。
新得町PTA連合会ではこのような状況に対応し、各単Pによる独自の方法で支援活動を展開していくことが確認されました。屈足地区ではかねてから小学校・中学校との共同事業を展開しており、このたびの支援運動においても共同で行うものといたしました。
支援運動の内容は各小学校、中学校のPTA会計からの募金と、授業参観日、定期総会時において参加会員からの支援金を募ることといたします。
なお、募金先はPTA活動の性格から被災された子どもたちに向けて「あしなが育英会」(NPO)の「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」といたしました。
多くの会員の皆様に趣旨に賛同いただき、よろしくご協力くださいますことをお願い申し上げます。



1. 実施日  中学校:4月16日(土) 小学校:4月17日(日)
2. 内 容    授業参観日、定期総会時に募金箱を設置

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

もちろん義捐金活動は、早くしなくてはならないとか、一度すればいいとかでもないですがPTAの事業や活動の趣旨からいって、出来るだけ被災された子どもたちにそんな支援の想いを確実に届けることが出来るのであれば~

小さい想いでも、たくさん届いてくれたなら…
それが大きな力になることを信じて、子育ての一区切りを振り返ってみるのです。

【追記】
PTA会長を卒業する農場長の個人的な想いがつまった取り組みになってしまいましたが、他の役員さんたちや先生たちも賛同していただきました。
ほんとうにありがたいことです。

子どもが中学校にかかわって8年間。
前半の4年間はほぼヒラリーにまかせっぱなしでしたから、後半の4年間は、なかば罪滅ぼし的家族孝行の延長戦のようなPTA会長の4年間でした。
それでも『すべては子どもたちのために』と『小さい学校だからできることがある』をテーマに農場長なりに汗をかいてきたつもりでした。

煩わしいことや苦しいこともありましたが、終わってみると、小学校、中学校は“あっ!”という間。
それもまた子育ての楽しみのうちだったのでしょう~
振り返れば、いつも子どもたちと一緒に笑い、哀しみ、泣き、喜んでいました。
そうして家族というものは育てられていくのだろうと思います。

これからは少し違うステージで学校や地域の子どもたちを見守っていけたらいいな~と、ボランティア活動を中心にお節介を承知で「親父の会」(仮称)をPTA役員経験者で立ち上げた次第。

はてさて、ハゲオヤジの会になるのか、デブオヤジの会になるのか…




贈ることば
3/28
先生たち、ありがとうございました/送別会~

本当は北の大地の万歳で送り出したかった農場長です。
(風は雲を呼び雨を降らせ、土を乾かし大地を暖める)
004.jpg

一昨年からはじまった小学校、中学校PTA合同の送別会。
今回のホストは小学校担当~
東日本大震災のこともあり弔意を表して会の始まりに「黙祷」と、乾杯を「ガンバロー」に変更して会が進んでいきます。
中学校PTA会長として参加するのもこれが最後の農場長は、万歳三唱の役目でしたが、「贈ることば」として会を締めくくるのでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

たいへん名残惜しいのですが、お時間にも場所にも限りがございました。
お別れのときです。

ご指名を受けましたので僭越ではありますが、この会を締めさせていただきます。
次第では万歳三唱とありますが、このたびの東日本大震災の被災者、犠牲者に哀悼の意を表して、「贈ることば」で会を閉じたいと存じます。

まずもって転出される先生方におかれましては、6年もの永い間、また2年間、代替の3カ月という短い期間でも子どもたちのそばにいて共に支えていただき、学校運営を通じて地域づくりにもご尽力いただきました。本当にありがとうございました。
お一人お一人にむけてそれぞれ想いがございますが、長々と無粋にお話しすると一昨年のようにお加減を悪くされる方もおられるかも知れませんので(笑)、この後河岸を替えましてあらためて惜別の想いをお伝えしたいと思います。
ただ、やはりたいへんお世話になった先生たちですから、新しい春の先生たちの背中を押す想いとして少しだけ言葉が多くなることをお許しください。

屈足小学校が閉校してから早いもので7年がたちました。
当時この地域には小学生、中学生あわせて150人ほどいたのですが、いま7年経って100名を切るほどになっています。
枯れ進む地域を故郷を、どうにかしなくてはならない…そんな想いの一欠けらが今回で3回目になります中小合同の送別会であるように、色々と知恵を出し合い工夫をして子どもを通して学校や地域のありようを模索していこうとするところでした。
本日はPTA会員はもとより、町議会議員の皆様を始め多くの地域の方たちにお越しいただき、また支えていただいて、ようやくそのような土壌が作られてきたのだな…と、実感しております。

土壌と言えば…
私の話となって恐縮なのですが、この春でPTAを卒業することとなってその間多くの出逢いからたくさんのことを学び、感銘を受ける言葉を頂きました。
その中でも昨年、転出された教頭先生からの「教員、転勤族は“風の人”、地域の人は“土の人”」という言葉が特に印象深く心に残っています。
風の人、土の人…業界のたとえ話で申しわけないのですがこんな風に言いかえることもできると思います。
私たち地域に根差す人たちや未来ある子どもたちは、屈足という地域の土壌に植えられた種です。
はたして優秀な種か?はたまた植えられる土や畑は豊かに肥えているか?
もしもどちらかが貧弱であったなら、綺麗な花も、豊かな実も付けることはできないのかもしれません。
それでも、風の人…先生たちを送るのにこれほどの人達が名残惜しく惜別の想いを共有している。
それもまた、風の力ではないでしょうか…

風は雲を呼び雨を降らせ、土を乾かし大地を暖め、種たちの芽吹きを、萌芽を助けます。
成長する作物にあたれば茎を丈夫に育て、葉をなぜれば光合成を促進させる…
吹けば花粉をとばし受粉を助け、子実を乾燥させて豊かな実りをより濃密な物に仕上げていく…

先生方にはどうか、新任地におかれましても新しい風を吹かせ、子どもたちにも、親御さんたちにも愛され、その地域にとってかけがえのない“風の人”としてご活躍されることをご祈念しております。

以上を贈ることばとします。

最後になりましたが、今一度旅立つ先生たちに感謝の気持ちを込めまして多きな拍手をもってこの会を締めたいと存じます。

お世話になりました。ありがとうございました。
(拍手)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

万感の思いを込めた皆さんの拍手は、なかなかなりやみません。

風土が創る故郷の大地に、またどんな新しい風が吹くのか…
楽しみです♪

【追記】
ひと区切りの新しい春に、育苗ハウスの甜菜の幼芽たちも逞しく芽吹いてきました。
ビート幼芽

定植まで約一カ月を切り、いよいよと力をためている北の農夫たち…
でも、農業被害も甚大な被災地を思うと複雑です。
実は、送別会の自粛も検討されましたが、被災地から遠くにいても痛みを分かち合うことで、なにか皆が出来ることや知恵が創出出来るかもしれない…そんな集いにもなるのなら意味のないものではないはずと考えました。

会食で残されたご馳走も「被災地では食べたくても食べられない方たちがたくさんいます。入れ物を用意していただきますから出来る限り持ちかえって下さい」の、農場長のアナウンス(最後までマイク持っていましたし♪)で、皆さん“もったいない運動”を推進していただきました~ありがたい

もちろん普段からそんな心がけは必要なんでしょうけど