FC2ブログ
プロフィール

ひら農園

Author:ひら農園
ようこそ、「農園日記」へ
北海道、十勝の新得町屈足地区で農業を営んでいます。
作物たちの成長や農村の暮らし、農園の四季を綴っています。

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

北の農園日記
北海道十勝のこだわりのジャガイモ・とうもろこしなどを栽培し、産直販売や観光農園、農業体験も行っている、ひら農園のオーナーが日々の農園の様子をお伝えします。
追いついてきた!
6/20
懸命の作物たち~

~と、紫外線で真っ黒クロスケな農場長です。
(作物たちの初期生育に欠かせない6月の大切な太陽の恵み)

先月末からの低温傾向も6月にはいってようやく解消しつつあって、晴れるとものすごい紫外線がふりそそぐ季節になってきました。
山の木々たちも若葉が萌え、まさに緑もえる北海道の初夏を迎えています。

低温でも雨が遠かったので、おかげさまで農作業は順調です♪

《作物別農園的作業歴》
【小麦】
5/8:幼穂形成期の分肥(2回目)~甜菜移植中だけどタイミングはGood
5/24~25:防除(うどんこ、眼紋)除草剤~ちょっと遅れぎみだけど天候的にはGood
5/27:部分追肥~ヒラリーと一緒♪農園の裏ワザ。ちょっと少なめにー
6/16~17:赤かび病防除(1回目)~ちょっと早め
小麦1回目出穂

草丈短く葉色も若干淡い…かな?
ホクシンに比べるとやはり草体の出来加減と肥料のサジ加減が難しいね~
麦海
でも、意外と出来てきた(驚)

【豆類】
5/26:大豆、小豆播種~土、白くなって乾く♪
6/2:除草剤(土壌処理)~低温と播種深度が若干深めで発芽に時間がかかるかな…
6/13:大豆、小豆カルチ1回目~草だらけ…ヒエがひどい
ヒエ科の選択性除草剤を散布する前に入れたかったカルチ1回目…悪天候下…NG↘
小豆カルチ2回目
天気の良いうちに2回目入れなきゃ↗

【馬鈴薯】
5/23:除草剤(土壌処理)~風もなくGood!畦上部分散布だから風はNGなんだよね
6/3~4:小培土~気温上がり土乾く、タイミングGood!形状もとりあえずは富士山型
6/7~9:本培土~土乾いて、タイミングGood!形状は台形的ふっくらオッパイ慣行型
馬鈴薯本培土タイン
おっかけ本培土が効いた♪
やはり馬鈴薯は萌芽してからは地上部の成長は早い早い♪
早生系の品種は着蕾して畦がふさがりました。

【甜菜】
5/19~25:カルチ1回目~24、25日と小麦の防除をしている間にヒラリーが入れてくれた♪実は農場長より上手だったりする(嬉)昔取った杵柄ね♪
5/26~6/2:カルチ2回目~おおむね晴天のいい条件で敢行!1回目から1週間以上空けたくないし
ビート2回目
6/5~7:カルチ3回目~追肥も兼ねて4速1400順調♪
6/18~19:カルチ4回目~仕上げ、マロット出番遅し、特にスタウトは葉が大きくロゼッタ型なのでタイミング的に
ビート最終カルチ
ちょっと遅かった
追肥はもともと元肥を抑えているので想定内で計画通り
間もなく畦がふさがりそうです。
ふさがるし

根際の除草剤散布のタイミングが肝

【スィートコーン】
5/16:播種~約1週間遅れた↘↘↘
5/20:除草剤(土壌処理)~乾いたところはフィールドスターを使ってみた(初)
6/10:除草剤(生育処理)~ヒエやタニソバがチラホラと…風なしGood
カラス除け器設置~さて効果のほどは…?
間引き&野良生えイモ抜き敢行中でござる

【人参】
5/17:播種1回目~約2週間遅れた↘↘↘↘↘↘
5/18:除草剤(土壌処理)~後半乾いてしまった…あまり効き目がないかも↘
5/23:パオパオはり~播種からちょっと時間が空いてしまった↘
6/12:播種2回目~2日遅れ(予定では6/10播種)
8月前期収穫予定の人参~発芽は順調です♪
2回目は時々の夕立ち雨の合間をかいくぐり播種敢行!ラッキー♪

【サヤインゲン】
5/26:播種~1回目(旧品種)
6/5:播種~2回目(試供品種)
6/8:播種~3回目(新品種)
6/12:播種~4回目
6/13:カルチ1回目~播種1回目をカルチ、ちょっと草ひどくなりそうだったから
6/16:播種~5回目
6/17:カルチ1回目~播種2回目をカルチ、やや草がひどくなりそうだったから
6/20:播種~6回目
来月初めまで、おおむね3~4日おきに播種予定
カルチは思ったよりベストなツール♪でも6/13の雨の中のカルチィングはタイミング的に最悪。6/17のカルチは殺草率たかし

【カボチャ】
6/8:マルチはり~暑かった(汗)
6/9~13:定植、播種~タイミング的にはGood!
6/20:マルチ間のロータリー~草ひどし、思ったより時間がかかった(疲)
とにかく暑かった(汗)

【タマネギ】
5/31:定植~今年はマルチをはってみた♪上手くいきそうな予感♪
タマネギマルチ

余談:北見管内の某友人から例年のごとくタマネギの苗を貰いにロングドライブ~5/28
ついでに久々、チューリップを見て来ました♪♪♪

時系列がごちゃごちゃしましたが、作物別に整理するとこんな感じ♪
夜中や早朝、雨が適度に降ったりして作物には嬉しいかぎり♪
どの作業もだいたい予定通りです♪

管理作業も甜菜のカルチを仕上げれば折り返し~
農夫たちの腕の黒さが、作物たちの成長の証でもあるのです。

【追記】
園地の草刈りや圃場周辺の除草剤もやらなきゃwww
その辺がキチッと出来るかできないかが、上農か上農でないかの境目でもあるように思うのです。
作物も大きく育ち、園地も圃場周辺も雑草がなく、お庭も綺麗に手入れされている~
つつじ満開

まだまだそういう“腕”を持ち合わせていない農場長
もちろん今からだって、進化できる力があることを信じたい(頑)

それに、でも、ちょっとだけ雨休みも欲しい…なぁ(辛)
前日の農作業の疲れや、身体のあちこちの痛さが朝になってもとれない。
“気持ち”と“腕”と“身体”と“理想”と“現実”…色々な物が交錯する中年農夫の正直な気持ち。

人間は欲張りなんだな(byアイダミツオ風)

《次記事予告》
―六目がとおる~の心―





スポンサーサイト
ツルベトリ
6/10
懸命の野鳥たち~

~と、どうやって共存するか悩んでいる農場長です。
(放置プレイの顛末)

9月収穫の人参の播種指定日が今日。
でも、このところ夕立が降って天候が落ち着かなかったので予定通りに作業が進まず、プランターもパラソイラーも後に倒れてしまいました。
ちなみにパラソイラーもプランターも共同利用の機械です。

本当は整地をする前に少し余裕を持ってパラソイラーをかけたかったのですが、お天気はどうすることもできない…ので、だったら自前のサブソイラーをかけようかと思案していたのですが、数日前からちょっと気になることが…

いつくらいからか気づきませんでしたが、トラクターの某所にハクセキレイが巣をつくって子育てをしていました。
雛は順調に大きくなっているようで、ハクセキレイの夫婦はひっきりなしに餌を運んで奮闘中でした。

農場長、困りました(悩)

トラクター、動かしてしまうときっと子育て放棄してしまうでしょうね~~~
そこで、ギリギリまで待つことにしました。

もちろん他のトラクターに振り替えてもよかったのですが、作業機の振り替えもロスと言えばロス。重作業トラクターが複数機(どちらもかなりへばっているけれど)あるのだから、そこは効率稼働させたい~っていうのが教科書的判断。
でも、雛も順調に育ってほしい…
(農場長的に迷惑だけど、作ってしまったからには仕方がないし)
~で、かなり辛抱して「さて、そろそろか?まだか?どうしようか?」と、今日あらためて覗いてみると…








ハクセキレイの巣
異変!
巣が引き出されて、雛がいなくなっています(哀)

あらら…どうやら、猫かカラスかアオダイショウが巣ごと雛を襲ったのでしょうか?
そう言えば、飼い猫のくせに家主になつかないトラ猫の「ニャン子」が、数日前からトラクターの周りをチョロチョロするな~と、思っていましたが…

ハクセキレイの夫婦は警戒の声をわななきながら、雛を探してパニクっています。
可哀そうに…(涙)

でも農場長、踏ん切りがつきました。
これで教科書的判断で人参播種の段取りが出来ます↗

しかし、自然は無情…

夕立雨や雹の被害があった地域も、それで予定通りに人参が播種できなかったことも、農夫たちの力ではどうすることもできません。
懸命に子育てをしていたハクセキレイも、安全な場所はいくらでもあったはずなのに…
少し大きくなってから食べようか~と、舌舐めずりしていた猫も野生と言えば野生の判断かね?

いずれにしても、そのどれもは教科書だけ読んでいたのでは如何ともしがたいことなのです~

【追記】
《文学散策》
「朝顔につるべとられてもらひ水」
(江戸時代の女流俳人加賀の千代女の句/のちに“朝顔や”と詠みなおされている)
―井戸で水を汲もうとしたら、朝顔が釣瓶の所につるを巻きつけていた。朝顔を千切って水を汲んでも良いのだが、それは可哀相なので隣の家の人に水を貰いにいった。―

~という情緒と風情のある句と評価されていますが、果たしてそうか?

江戸時代の生活用水、飲料水と言えば特に貴重な物。自宅の水瓶に貯めていたとしても、そう何日も持つ物ではないはず。つまり釣瓶に朝顔のツルが絡まるほど井戸を放置していたのだとしたら、たとえ朝顔の成長スピードを差し引いても、ちょっとモノグサと言うことにならないだろうか?

今回の農場長のハクセキレイ・トラクター営巣事件と趣は違うが、似たような背景であることにあらためて想いを巡らせてみた次第。
現代の北の初夏も、自然や人や人を介した周りの生き物たちの生がダイナミックに営まれている。

ただ、千代女がモノグサと言うことではなくて、何か理由があって何日か家を留守(病気?旅行?)にしていた可能性もある。
そういう意味では、今回の農場長のトラクターの件はガチなモノグサで決して風流や情緒があるとか、自然に優しい等と褒められるものではないことは確か…
逆にそれだけ余計な経費をかけて余計なトラクターを所有しているのでしょーと、改良普及事業の農業経営や農業機械を指導している専門技術員に怒られそうである。

ただそのトラクターは製造されてから、四半世紀は経っているけれど…
パラソイラー新コンビ

世界のト○タの会長がのっている車だって20年は乗らないだろ?
by農場長

そんなに乗ってたら自動車会社、つぶれちゃうでしょ!
byヒラリー

《次記事予告》
―今度こそ、6月の晴天のおかげで~の心―




闘魂注入
5/29
君のハートも卍固め~

白いマットのジャングルに~♪な農場長です。
(やっぱりプロレスってサイコーさ!)

本日、地元の会館にて北都プロレスの興行でプロレス観戦♪
人生初体験♪
北都プロ

いやぁーーーー
ツッコミどころ満載の老若男女が楽しめるプロレス♪
面白かったです♪

なんてったって、ローカル団体をいいことにキツネのマスクマンのリングネームが…

「ルー・ルルル」
ルールルル

“北の国から”ファンなら「あーーー、ホタルちゃんが呼ぶあれねー」
~で、話は通じちゃうのでしょうが、実際「ルールルルルルルルル…」って呼んでも北キツネは来ませんからね。

でも、ルー選手、格好良かったな…すごかったな…
ボディースラム(地味な技だけど)なんかされたら、リングからの半径10m以内は地震みたいに揺れるもんね。
技をかける方も、受ける方も実はすごいトレーニングしているんでしょうね~
受身の瞬間の会場全体に伝わる衝撃波は、本当に強烈です!
こればかりは、生じゃないと体感できませんでしょうな~きっと。
もちろんお約束の女子選手同士のお色気攻撃とか、空中殺法とか、お笑いとか、子どもたちや観客とのやり取りとか楽しませていただきました。
女子プロ

農場長的に一番感激したのは、ヒール役の大男選手がエースの若手選手をロープに飛ばした後、オクトパスホールド(卍固め:アントニオ猪木選手が得意とするスペシャルホールド)に技をかけたところ!
技にはいるスピード!足の絡ませ具合!腕をとるタイミング!
もーーー芸術品です!
しかし、しかも、そのエースがホールドを返すのですが、その返し方がものすごい力技!
いやぁーーーー唸りましたぞ!

春耕の雨の日を農休日にして~
すっかり農場長の心に闘魂を注入してさせていただきました♪

【追記】
学生の頃、学園祭で学生プロレスをしました。
素人なのに…でも、楽しかった♪

当時、新日プロレスが大流行。
猪木先生、坂口征二、長州力、藤波辰巳、前田日明、藤原喜明、マサ斉藤、ラッシャー木村、アニマル浜口、タイガーマスク、ダイナマイ・トキッド、ハルク・ホーガン、アンドレ・ザ・ジャイアント、ブラックタイガー、ストロングマシーン1号、2号、3号…
あと、古館一郎(←この人はプロレスラーじゃないけれど)…

懐かしい…涙がでそう…

学園祭のマット
牧草の梱包ベールを白いマットに仕立てて、延髄斬りをおみまいしたあの夏…

アドレナリン全開の青春のマットが懐かしい…
(昭和ね…byヒラリー)

《次記事予告》
―6月の晴天のおかげで~の心―