FC2ブログ
プロフィール

ひら農園

Author:ひら農園
ようこそ、「農園日記」へ
北海道、十勝の新得町屈足地区で農業を営んでいます。
作物たちの成長や農村の暮らし、農園の四季を綴っています。

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

北の農園日記
北海道十勝のこだわりのジャガイモ・とうもろこしなどを栽培し、産直販売や観光農園、農業体験も行っている、ひら農園のオーナーが日々の農園の様子をお伝えします。
大人の修学旅行

7/6
今だからもっと分かることがあると思う古都の風情と文化~

修学旅行気分の農場長です。
(京都祇園祭前週のざわめき)

当初の計画では滋賀県のタキイ種苗の研究圃場を視察してから祇園祭の週(7/11~)に京都泊のプランでしたが、先方との調整がつかず純粋な京都市内観光となった次第。

岡山駅を新幹線で京都に

あ~~つ~~いぃぃぃ~~(暑)
なんという暑さでしょう~さすが京都、盆地の気候
同じ気温でも湿度が違うので北とは異質の暑さです。

そんな猛暑の中、涼しいジャンボタクシーにて錦市場へ

ありますな~北にはない珍しいお野菜達♪

おっ!万願寺とうがらし!
万願寺とうがらし

昨シーズン、知人から苗をもらいうけて作ってみて大豊作。
「かわったピーマンだね~」くらいの感覚でなんという品種だったか失念していたのでが、マルシェに出店した折お客様から「これは珍しい!万願寺とうがらしですね~」と教えていただき、そんな京野菜と巡り逢った次第。

この後、二条城、金閣寺と巡り農場長は自由行動
二条城

御所、南禅寺、旧疏水、三年坂、八幡神社、先斗町…
南禅寺三門
京都の友人に案内していただいてしっかり古都を堪能いたしました。
(平日のしかも暑い暑い中~深謝)

案内中、京都ロケのミステリー系刑事・探偵ドラマ(某朝日系etc)とかでよく映されるローケーションに色々とツッコミを入れてくれるのが楽しかったです♪
いわく
「こんなところで、犯人と待ち合わせしーへんし」
※土地勘があるならもっと便利で分かりやすい待ち合わせ場所あるし…
「犯人に追いかけられても、こんなところに逃げへんし」
※土地勘があれば、ドン詰まりの袋小路にわざわざ迷い込むように逃げないし…

などなどなるほど、地元京都人はそんな風にドラマを見ているのね
(たしかに帯広人が私的な待ち合わせでグリーンパークとか使わないものね(笑))

そんなこんなの古都巡り
道端の水路には沢ガニがいたり、疏水には大きな魚が泳いでいたり、鳥たちも賑やかで思いのほか自然が豊かなことに古の神社仏閣とあわせて京都の奥深さに心洗われる思いでした。

ふと思う…
高校生の修学旅行以来、約30年ぶりの京都
変わらないものがあり、もちろん変わったものもある
でも、学生時代では分からなかったことが、今だと古都をめぐって分かりかけるものもある
もしその頃分かっていたなら、修学旅行ももっと楽しかったに違いないし、もしかするともう少し人生も豊かになっていたかもしれない

あ…
でも分からないから、大人になってからもう一度京都に訪れたいと思うのがいいのかもしれない…なぁ…

そうして巡り逢うものがたくさんあって、そういうものに活かされていることに気づき古都の壮厳な仏前で思わず手をあわせてしまう…

それだけのことでなぜか“もう少し頑張らなければ!”と思えてしまうのです。

【追記】
南禅寺の三門は石川五右衛門が歌舞伎で「絶景かな、絶景かな」と称した眺めだそうです。
(実際には五右衛門在命中には三門は完成していなかったらしいけど)
歴史上の人物のエピソードは後世になって尾びれや背びれがつくことが多いようですが、古都を眺望する“絶景”に訪れる数多の人々の色々な想いは、そこここに静かに折りたたまれ沈澱していくのだと、ふと神妙になり背筋をいくらかシャンとするのです。

そういえば、電車の中などでイチャイチャしているカップル(←死語?)も、こういうところに赴くとイチャイチャしないのではないかと思ったりする…(←どうでもいいことだけど)

皆が見ていて見ないふりをしているところでは堂々とイチャイチャできても、見えない何かに見られていそうなところではそういうことは出来ないのかもね…

あら、イチャイチャしたかったの?(byヒラリー)

いえいえ、「仏様、神様、ご先祖様がみている」から、誰も見ていないところでも慎ましく、粗ぶれなく、清く美しく生きていかなければね~ということさー

色々と反省ばかりの農場長。

《次記事予告》
―勝負は30分(…順調な農作業で放置な日記を反省)~の心―




スポンサーサイト