FC2ブログ
プロフィール

ひら農園

Author:ひら農園
ようこそ、「農園日記」へ
北海道、十勝の新得町屈足地区で農業を営んでいます。
作物たちの成長や農村の暮らし、農園の四季を綴っています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

北の農園日記
北海道十勝のこだわりのジャガイモ・とうもろこしなどを栽培し、産直販売や観光農園、農業体験も行っている、ひら農園のオーナーが日々の農園の様子をお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



凶悪犯特集
7/11
今日は投票日…選挙ネタ解禁/その1~

微妙な立ち位置にいる農場長は、選挙期間中もそれはそれなりに忙しかったです。
ただ、許される選挙運動、支持活動、政治運動もグレイゾーンが大きくて、そこはちょっと神経質に…
でも、それもこれも色々と勉強させていただきました♪
開票速報をみながら、選挙戦のアレコレを振り返ってみます。
(でも各局の開票速報値、なんでこんなにバラバラなの?)

公示後に北海道新聞から電話取材を受けたとき、あらためて参議院選挙と農業政策関連記事を掲載したいので取材できないか~と、記者からオファーがあって猛暑の中パオパオを巻きとりながら取材を受けたのが6/25。
そして、掲載が7/1~
道新掲載


さすが日経ビジネス(以前FTA・EPA記事で取材を受けていました)とは違ってちゃんとニュートラルに記事にしてもらいました。
日経ビジネス

文中最後
「単純にお金を付けてもダメ。今こそ、農家の努力が公正に反映される、しっかりした仕組みをつくらないと、産地は崩壊してしまう」
~には、自分でも唸ってしましました。
(さすが新聞記者、上手くまとめますな~~~)
しかし写真…まるで凶悪犯特集記事ですな…

実は選挙戦の話と言うよりは政策議論の話がほとんどで、「そこ、民主党さん、わかってますか~?」みたいなところをチクリとしたりして~
たとえば、某新農水大臣、この期に及んでまだ“農林漁業再生プラン”の1兆円のこと言ってますが、そもそも予算規模1兆円って意気込みみたいなもので、算出される積算基礎ってないらしいじゃないの…
(H19年、民主党が提出した戸別所得補償法案で提案者が言ってるもの(驚))
当時は無責任野党だったらかそれで良かったかもしれないけど、いまは曲がりなりにも責任与党。
そろそろ現実的にちゃんと責任もってやってくれないと、予算設計どころか制度設計だってチンプンカンプンでトンチンカンに出来上がっちゃうよ(怒)
(しかも、突貫工事でやる!って言ってるし)
某佐々木政務官だって、そこはちゃんと現実的に仕掛けていきます!って言ってるし…
(by帯広市6/19)
ほんとに、ほんとに、ほんとーうに…大丈夫かい?
農民の声も聞かないで、あわてて作って欠陥制度になって、「実はそれも社会実験でしたwww」なんて、シャレにならんのよ!(怒)
農家だってモルモットじゃないんだから!(怒)
(もっとも、自民党だってだらしなさ過ぎてこうなってしまったことを、ちゃんと反省していないけど)

みたいな、ちょっとグダグダな農家のおじちゃんチックな話でも、記者さん色々とつっこんで真剣に聞いてくれますのね~
そもそも今回の選挙戦は、分かりづらく業界(特に北海道11区・十勝)はねじれてしまって難しいし、いずいのです。
(いずい:北海道弁/目の中にゴミが入ってゴロゴロして嫌な感じ)
いずれにしても、農政はたとえ新制度でもバラ色の農業人生を補償しません…
というか、農業者の汗や努力が公正に評価されることが必要なのであって、そこは政権がかわろうが、なにしようがぶれたりしてはダメなのだと思うのです。

ちなみに掲載記事について、ヒラリー談

「そりゃ~取材を受けている間の後半の仕事は、アタシとアキちゃん(LFS研修生)とお義母さんとやったんだから!これくらい言ってもらって、書いてもらわなきゃね!」

本当に…いちいちおっしゃる通り…
暑い中、ご苦労様でしたね!

さて、託した結果は如何に?????

スポンサーサイト



この記事に対するコメント
ビジョンをしっかり持ちましょう。
こんばんは。
選挙活動お疲れ様でした。
自分も夕方、畑から上がって投票してきました。
タイトルに書いた言葉は、自分の地域の先輩が自分がまだ無責任の世間知らずでふらついていたころに教えていただいたことです。
当時危機感のない自分は、???何言ってるのこのおじさん。と思っていたのですが世間に出たとたんこの言葉の意味や話してくださった先輩の熱い思い真剣な思いというのがひしひしと感じることが出来ました。
これがあったから、いろいろあった農業人生の中でも諦めることなく生きてこれたんだなと感謝感謝の思いでいっぱいです。
今の農業政策も、実際に営農している自分たちにも必要なのは明確なビジョンです。
自分の親の世代とは景気が違い過ぎますからね。
しかし今は21世紀。
技術も機械も本当に進歩しています。
どうも後ろ向きな話しが多いこの業界ですが、決して不幸な環境ではないと自分は思います。
今は、過渡期です。
しかし、何でもかんでも変わればいいということではありません。
創意工夫創造実践が経営という商売にはもっとも必要な基礎となる考え方です。
政治の世界も、世襲制の影の部分が少し長かったですので農業界も政策も脱皮するという感覚が必要になると思います。
作物は、一度根を下ろしたらどんな意環境が悪くともそこで子孫を残そうと必死に生きています。
われわれもそういったけなげな姿に、日々教わることが多いですね。
本当に明るい未来に向かっていけるようになっていただきたい!その一心です。
【2010/07/11 23:48】 URL | のーおた #- [ 編集]

まずは畑の真ん中で吠えてみるところから
のーおた様

選挙応援、ありがとうございました。

結果は結果として、生産的な反省をしながら私たちは私たちの出来ることをしっかりやらなければなりませんね!

作物同様、農夫たちももっともっと必死さが必要…に、なっている時代です。
いっしょに時代を創っていきましょうや!

【2010/07/22 22:54】 URL | peaceman #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hirafarm.blog117.fc2.com/tb.php/370-091cafcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。