FC2ブログ
プロフィール

ひら農園

Author:ひら農園
ようこそ、「農園日記」へ
北海道、十勝の新得町屈足地区で農業を営んでいます。
作物たちの成長や農村の暮らし、農園の四季を綴っています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

北の農園日記
北海道十勝のこだわりのジャガイモ・とうもろこしなどを栽培し、産直販売や観光農園、農業体験も行っている、ひら農園のオーナーが日々の農園の様子をお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



秋、満ちる
9/13
“ほる”“かる”“つむ”“おとす”、そして“かける”…さて何のキーワードでしょう~

収穫する作物もそれぞれ様々な作業や機械で収穫されていきます。
今日はそれぞれの作物の収穫作業や間もなく播種する秋まき小麦の畑の準備などで、農園スタッフ総出でフル稼働!

さながら今季、収穫シーズンのハイライトですぞ~

農場長は馬鈴薯の収穫。

ヒラリーと研修生、実習生はサヤインゲンの収穫で、その後父と母と合流して刈り取りした金時や小豆の収穫。
あずき

そしてまだ夏休みの大学生の長男は小麦畑の準備。

そういえばそれぞれの仕事のそれぞれの呼び方は、農夫同士、業界内でしか通じないものも多いかも…


たとえば、ポテトハーベスターの収穫は“いもほり”~なので「掘り取り作業」
新ユニット2

金時(インゲン豆の一種、甘納豆の原材料)や小豆は“まめかり”~となると「刈り取り作業」
ビーンスレッシャー

今年の金時は茎葉がなかなか落ちなかったので、“まめつみ”をしましたがこの場合の“つみ”は“摘み”ではなく、“積み”~「ニオウ積み作業」
におう

そんな豆の脱穀作業を“まめおとし”とか“まめこなし”~総称して古くは「こなしもの作業」or「おとしもの作業」などと言いますが「脱穀作業」が一般的。
金時刈りオトシ

同じ豆でもサヤインゲンは“まめとり”~この場合の“とり”は“穫り”だけど作業的には“摘み”になりますな~

そう言えば、もしかすると“取り”は→“穫り”かもしれませんが“獲り”や“採り”ではないですが、“穫り”ってなかなか変換しないですし意識的使うことはあっても一般的ではないです。

ちなみに今回の長男の作業はデスクハロー。
砕土

小麦の前作でスィートコーン(スィートコーンは“もぐ”)を先月収穫しましたが、収穫後をみはからってすでにプラウ(“犂”~“鋤”ではありません)で起こしているところを“砕土”して播種床を作っていきます。

この辺を整理すれば、プラウで“おこし”(「耕起作業」)
青空に耕起

デスクハローやスプリングハロー、はたまたロータリーハローを“かけて”(総称して「整地作業」)この後、肥料を“撒き”(「施肥作業」)種を“播いて”「播種」していきます。
“まく”は“播く”で、当方あまり“蒔く”を使いませんが、手編のある“播く”の方が機械的に整然と“まく”イメージですね~作業機だとプランターとかシーダーとかドリリングとなりますが、やはり“播く”がしっくりします。

農作業用語、複雑なぶんだけあらためて表現が豊かなことを実感します。
日本語の言葉の豊富さは、農耕所作のち密さや多様性にも起因しているのかもしれません。
もちろんそれらを作りだしているのは、日本人の手とこの国の四季です。
春夏秋冬を表現する日本人の感性は家内工業的な繊細微細な器用な手を持つ農耕者、労働者から生まれたといっても言い過ぎではないと思います。

秋…は、“飽きる”…つまり満ち足りる、稲穂、作物達が登熟し満ち満ちている状態を表したものだとも言われています。

仰ぎ見れば北もすっかりの秋の空。
この列島の固有種、“アキアカネ”が群れむれて豊饒の大地を幾重にして飛び交っていきます。
022.jpg

はやく、早く収穫しれよ…と催促しているように

自身の手を見て…
まだまだひと踏ん張り!ふた踏ん張り!と、ギュッと握りこぶしに力を入れるのです。

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

いわゆる業界用語なんでしようか。(笑)
たしかに、業種によって、いろいろな言葉が
ありますね。
建築現場でも、数多くあります。
用語ではないですけど、住宅では、いまだに
大工さんが、尺を使うので、慣れないときは、大変でした。

ビートは、まだ早いのでしょうか。そろそろダンプの軍団が
走り回りそうな季節ですね。(笑)
【2010/09/24 23:47】 URL | ojarumaru #iL.3UmOo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hirafarm.blog117.fc2.com/tb.php/385-aed5677e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。