FC2ブログ
プロフィール

ひら農園

Author:ひら農園
ようこそ、「農園日記」へ
北海道、十勝の新得町屈足地区で農業を営んでいます。
作物たちの成長や農村の暮らし、農園の四季を綴っています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

北の農園日記
北海道十勝のこだわりのジャガイモ・とうもろこしなどを栽培し、産直販売や観光農園、農業体験も行っている、ひら農園のオーナーが日々の農園の様子をお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



畳と女房とビートタッパーは新しい方がいい
11/7
甜菜、収穫終了~

晩秋の雨まえにひと区切りをつけて、まずはやれやれの農場長です。
(ジェンダーフリー論者に訴えられそうな表題?旦那だって新しい方がいい?たしかに…)

本日午前中に甜菜(砂糖の原料)の収穫、終了しましたwww
朝日に向かって給油

これで畑の収穫物は全てなくなりましたwww

週間予報では少しまとまった雨~のあとは雪マークがちらほらと
庭先貯蔵もあって例年11月10日ごろを目途に掘り上げるのですが、今年はこの辺がデッドラインでしょうか…

しかし、ちょっと早めのハーベスト作業も終わってみればけっこう綱渡りでした。
あきちゃんビート縁掘


週の初めに天候がぐずつき、畑はなかなか乾きません。
そこに持ってきて機械のトラブル続き…
トラクターの前輪がまたまたパンク↘(いやいや…ほんと、イヤになるよ…パンクばかりで)
ハーベスターのPTOシャフトもやせちゃって、とにかく調子が悪い↘
極めつけはビートタッパー…中期収穫が終わったと同時にあり得ない壊れ方しちゃって、途方に暮れてしまいました↘

ビートタッパー/甜菜の掘り取り収穫する前に茎葉をカット(タッピング)していく農作業機

わが家の機種はH7年製造の某ローカルメーカー
そもそもフライホイールが減ってしまい今シーズンが限界かな~と、思っていた矢先のトラブルに、なんとか間に合わせの応急処置で修繕するのですがいつどうなるか分かりません。

そこで先月、ビートタッパーやビートハーベスターではトップシェアメーカーの某ニチノーのセールスマンにオーダーを入れるのですが…

「もうしわけありません。もう今年の分は完売なんです。」

あらら…でしょうな。
無駄に在庫抱えるほど製造しないってことでしょう。
管内の甜菜農家も少数精鋭になってきましたから、農機具会社だってシーズン前の取りまとめと受注生産でスリムで効率的な在庫管理しているのですわね。

しかしこのイレギュラーなトラブル…トホホです。
よそ様からお借りするという手段もありますが、ハードシーズンになれば皆がビートハーベスト作業ですから、簡単に貸したり借りたりできんのですわ…トホホです。
こうなったら、より慎重に少なくとも今シーズン、あと4haもってくれれば…と神様に願いながらタッピングしていくしかないです。

~と、掘り取りもあと3日となって、件の某ニチノーセールスマン

「タッパーの件ですが管外の実演機で売れずに出戻ってきたやつがあるんですけど、どうですか?」

買います!買います!
出戻りでも実演機でも(農場長的にむしろナイスプライスでラッキー♪)、こんな巡り合わせも何かのご縁!(ないと言われてあきらめていたのに有ったのだから)
もーーーすぐ持ってきてください!

~と、翌日(11/6)朝一番に早々と納品、実演開始。

十勝農機ビートタッパー ST-747
新ビートタッパー

う~~~~~~~~む…
なんて快適なんでしょう☆☆☆☆☆

当農園は4畦の移植機ですから、4畦のタッパーでこそベストマッチ♪
しかも作業時間も大幅に省力~今までは2畦処理だったので物理的には2倍はかどります♪
しかも精度が凄い!
調整も楽!
今時の農機具ってこんなにもイージーで楽チンなのですな~

弱点があるとしたら、防除処理を4の倍数の偶数畦数にした時、防除畦(スプレアーが走行する畦)がシンクロしてしまうこと…やはり防除畦は多少なりとも傷んでいますから、精度が若干落ちる分だけ気を使って走行しなくてはいけません…が、それ以外は全くのイージー♪

いやいやいや~しかし、機械が変わるとこんなにも思ったところを思うようにスパッときれいにタッピングしていくものなのですな~感心しきり♪
ヒラリーにも父にもタッピングしてもらい大絶賛ですぞ♪

おかげで収穫も順調♪♪♪
予定していたよりも、半日以上も早く収穫を完了することができました。
(ありがとうございました。ごくろうさまでした。)

肝心の甜菜の収量と糖分の方は思わしくないのですが、それでもここが収穫の秋の一区切り。

ちなみに甜菜(シュガービート)~国内産甘味原料の85%をになうメイドイン北海道の砂糖原料作物。
国内で消費流通される砂糖~たとえば、角砂糖10個のうち3個はこの甜菜から精製されるビートシュガーです。

巡り逢った機械に「すてきだよ♡」と甘く囁いても、ことは砂糖なのに甘くない生産環境があります。
スクラップになる旧タッパーのすり減り具合は、そんな生産環境とおりあわせてきた農夫たちの苦節の証です。

来年こそは…そして、いつかは報われる…と、甘くともそんな夢と一緒に車庫にタッパーを格納するのでした。
晩秋柏

【追記】
表記、畳はともかく女房はたとえ古女房でも常に清新でいつも若々しくいてほしい~というアンチテーゼ的な言い回しだと解釈します。

もちろん古いものを大切に使うことは大事…
しかし、おニューの心地よさもまた筆舌につくしがたし…

ただ、思いのほか順調に収穫が進んだのは、年季の入った糟糠のかおりたつヒラリーのおかげでもあるのですな。
今夜あたり、痛がる肩や腰を優しくマッサージしてあげようか~

「古い旦那はつかいものにならないわ」と、舌打ちされるかもしれないけれど…

スポンサーサイト



この記事に対するコメント
  能率アップ
騙し騙しの機械修理も限界だったようですね

さすがに最近のは作業も捗った訳で
収穫ご苦労玉でしたm(__)m

【2010/11/09 23:01】 URL | パンが命 #- [ 編集]


こんばんわ。
甜菜ってみたこともたべたこともないですが、食べると甘いんですか?
っていうか、たべることもあるのかなあ。
興味津々ですねえ。
【2010/11/13 20:09】 URL | ばいおれっと #- [ 編集]


私は職業柄、食品の原料を調べる事も多く
ここでよく登場する
甜菜(ビート)も砂糖の原料としてよくPCに入力しますが
>国内産甘味原料の85%をになうメイドイン北海道の砂糖原料作物。
ってのは、正直驚きました。
甘味を出す為の砂糖が、平均気温が高い沖縄(さとうきび)と
平均気温が低い北海道(甜菜)のこの真逆の土地で出来てるのも不思議ですね^^
【2010/11/13 21:46】 URL | ふぃる #- [ 編集]

もうひとふんばり
パンが命様

> 騙し騙しの機械修理も限界だったようですね
限界でした↘でも、しょっちゅう修理していると溶接の腕は上がりますw
当地、積雪期を前にもぅひとふんばりです!
【2010/11/14 07:31】 URL | peaceman #- [ 編集]

舌に甘いと書いて
ばいおれっと様

> 甜菜ってみたこともたべたこともないですが、食べると甘いんですか?
そのままの状態を調理して、おかずとして食べることはありません。
(キンピラにして食べることもあるそうですが…)
ただ、切り口をなめると甘いです。
糖分計ではかると平均で17%くらいあります。

過去「砂糖大根」などと言われていた時もありましたが、アブラナ科の作物ではないので正しくありません。
植物のくくりとしてはアカザ科~ホウレンソウと同じ仲間です。
なので「大きなホウレンソウ」というのがむしろ正解。
ちなみに「大きなホウレンソウ」~前年亡くなられた某大臣経験者がはじめての選挙時に言ったとかで、地元の有権者にヒンシュクを買ったとか…

北半球の同じ緯度帯~ヨーロッパや北アメリカでもはかなり作付されています。
通称「ビート」といいますが、海外だと単にビートだと飼料用(家畜用)ビートと混同されるようです。

上白糖とか、てんさい糖とか、某オロナミンCとか、某ジョージアの缶コーヒーとかに使用されている砂糖はメイドイン北海道のビートシュガーなんですよ。
【2010/11/14 07:46】 URL | peaceman #- [ 編集]

なかなか甘くないけど
ふぃる様

コメント感謝します。

> >国内産甘味原料の85%をになうメイドイン北海道の砂糖原料作物。
> ってのは、正直驚きました。
砂糖=サトウキビと思われているでしょうが、実はそうなんですよ~
この国の甘味原料の自給率は35%ほどです。甘シャ糖(サトウキビの砂糖)は国産砂糖の15%ほどなんですよ。
白くて甘くなっちゃたら、どこでどんなふうに作られているか分からないのですが、ビートシュガーはそれとは知らずに食卓をにぎわせているものなんです。
北半球で同じ緯度帯のEUや北アメリカでもクロップローテーションンをになう重要な作物です。
ちなみに十勝管内には東洋一の製糖工場があります。
(東洋一の製糖工場~想像つかないでしょ?)
産業規模や歴史性から言って地域には欠かすことができないものです。

> 甘味を出す為の砂糖が、平均気温が高い沖縄(さとうきび)と
> 平均気温が低い北海道(甜菜)のこの真逆の土地で出来てるのも不思議ですね^^
確かに不思議…北では 日夜の気温差が大きい分だけ糖分が蓄積されます。
なので、暖かい秋は糖分が低めです。

今年は残念ながら猛暑、残暑と8月の多雨のせいで作柄は思わしくないのです↘
【2010/11/14 09:59】 URL | peaceman #- [ 編集]


レスのレスですみません。
すごい勉強になりました。
お友達にも自慢しようかな。
ありがとうございました。
間接的にpeacemanさん作のお砂糖をいただいてるかもしれないんですね。
感謝してたべます!!

【2010/11/14 20:06】 URL | ばいおれっと #- [ 編集]


ヒラーーー 元気そうだね。いつもじゃないけどたまに見てるよ-。ニョウボはともかく、やはり新しい機械はいいですな。20日は出席するのかな?会えるのをたのしみにしてるよ。(^^)/
【2010/11/17 20:42】 URL | イノー #- [ 編集]

やはり新しい方が…
イノーーー♪
コメント感謝~♪♪
20日は出席予定です。再会楽しみ♪♪♪

【2010/11/19 06:14】 URL | peaceman #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hirafarm.blog117.fc2.com/tb.php/395-2a7c405a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。