FC2ブログ
プロフィール

ひら農園

Author:ひら農園
ようこそ、「農園日記」へ
北海道、十勝の新得町屈足地区で農業を営んでいます。
作物たちの成長や農村の暮らし、農園の四季を綴っています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

北の農園日記
北海道十勝のこだわりのジャガイモ・とうもろこしなどを栽培し、産直販売や観光農園、農業体験も行っている、ひら農園のオーナーが日々の農園の様子をお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



抵抗性品種
2/1
現場のこと知らないでしょう!~

出番があることをいいことにドヤ顔しちゃったかもしれない農場長です。
(久々更新~あらら2月も放置プレイ↘)

今日は十勝管内指導農業士、農業士技術向上研修会と総会に参加。久々の宿泊研修です。
技術研修次第

農場長は前年12月に参加した北海道農業士協会の道外先進地視察研修を事例報告させていただく役目を~
こんな時じゃないとこんなこともそんなにないし、マイク握るの久々だし♪マイク持っちゃったもの勝ちだし♪みたいな感じで割あたる時間をしっかり消化(ちょっとオーバーしちゃった…)

TPPと山梨のワイン”や“CAPと農業構造改革”について考察を入れました~

ところで、やはり心にとまる今回の記事のメインは振興局農務課課長の「農業情勢報告」
タイトな時間内でのTPPと戸別所得補償制度について~本当に駆け足でしたが、特に最大の関心事項“戸別所得補償制度”の質問タイムを延長戦にして例えば畑地の“産地資金”について云々と…

農場長「産地資金の要件内容はどうなってますか?」
課長「まだ、正式に決まっていないみたい。」
農場長「甜菜の直播とか、澱粉原料用馬鈴薯のシスト線虫の抵抗性品種の導入とかは?」
課長「それも一つの案ということで…どうやら取り組み度の高さをポイント化して満点の農家には満額“10a/4,000円”交付という絵を描いているようです。」
農場長「現場の感度から言わせてもらえれば、『だったら抵抗性品種を植えます』って言っても、そもそも種イモがないじゃないですか…すでにオーダーしてあるコナフブキの種イモはどうするんですか?っていう話になりますよ」
課長「!!!あ…そうですね。種イモがない…」
農場長「そうですよ!種イモって一般栽培農家にでまわるまで3年かかるんですよ。つまり今の時点で3年先のことをしているんです。いきなり“抵抗性品種”を奨励しますなんて言われても、そもそも出回っていないんじゃ生産者は手に入れようがない」
課長「そうですね~あ…なるほど、指摘されないと分からないことでした…」

フムフムとメモする課長…

お願いです!頼みますよ!課長!ちゃんと声、届けて下さい!

実は種イモの話、品目横断導入議論のH16/4月、当事亀井農水大臣が品目横断のスタートラインを宣言する前日、霞が関の某課長室で同様のヒアリングで主張していました。

『今植え付けている種イモは現場に供給されるまで3年かかります。3年先の準備をする…小麦は甜菜のために、甜菜は馬鈴薯のために、馬鈴薯は豆類のために…それが輪作!そういう生産環境が持続的発展的にあるために経営環境に品目横断をしかけるんでしょ!』

当事、馬鈴薯澱粉は国内においては抱き合わせ販売していて制度上、WTOパネル提訴されたらきわどく“灰色裁定”になることが予想されていた時…それを回避するべく、制度設計者は調整金制度で折り合いをつけようと必死でアメリカ通商とネゴシエートしてきて、国産馬鈴薯生産振興に道筋をつけて品目横断の基礎工事をしてきた経緯を想い出すのでした。

そうであったはずなのに…
政権交代で制度も変わる…現場のそういう声をピン止めしないまま…

それでなくても『制度理念を置き去りにして、現場とキャッチボールしないで拙速に突貫工事で仕上げちゃった』なんて言われている戸別所得補償制度。ほらね、やっぱり現場のこと知らないでしょ~なんて見透かされておりますぞ!
シンプルで分かりやすく何とかなりそうな感じなんですから、そこからはきちんと制度を磨いていかなくてはいけないでしょ。
そのためにも現場の声、ちゃんと聞いてください!

あ…でも、抵抗性品種をつくれない農民が抵抗勢力みたいに思われちゃ困るけどね…

指導農業士、農業士、関係機関、行政の人間…
ヒートアップする議論はやがて真夜中に最高潮をむかえるのでした。

【追記】
懇親会で「みなまで言うな!君の言いたいことはよくわかるし、期待してるし、君のことはよくわかってる!しゃべりすぎだ!アハハハハハハハハハ~」と、某指導農業士の先生から指導を受けました(笑)確信犯なことも知っているのでしょうから、そこはアハハと笑って許してほしいです(願)

しかし最近こういうことをアハハハハと許してくれないヒラリーがいますな~
ヒラリー「ほらね!自分の話を半分にして人の話を聞く!これができなきゃ偉そうなこと言えないわよ」
ちいさくドヤ顔なヒラリーです(汗)

でも本当にやばいのは、こういう忠告も最近、抵抗性免疫がついたのか右から左にツィーーーっと…
「ツィーーーっと受け流しつつ受け入れる」…人生の極意だと思える今日この頃

《次記事予告》
―僚友、がんばってるな~の心―
帰り道直線

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

いいひとかあ。
ほんとはちょっととんがってる方が好きですけど・・・
年取ってきたせいか、気が付くといい人になろうとしている自分がいます。
ススキノでいい人。深いなあ~~~
【2011/02/13 18:03】 URL | ばいおれっと #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hirafarm.blog117.fc2.com/tb.php/414-36264c67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。