FC2ブログ
プロフィール

ひら農園

Author:ひら農園
ようこそ、「農園日記」へ
北海道、十勝の新得町屈足地区で農業を営んでいます。
作物たちの成長や農村の暮らし、農園の四季を綴っています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

北の農園日記
北海道十勝のこだわりのジャガイモ・とうもろこしなどを栽培し、産直販売や観光農園、農業体験も行っている、ひら農園のオーナーが日々の農園の様子をお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



指導される
2/17
農業人生の一区切り~

少しだけ肩に力が入っている農場長です。
(悪党にはなかなかなれないね)

唐突に…
農場長、指導農業士になりました。
ススキノ連泊はその称号贈呈式に参加するためでした。
バッチ

『指導農業士?何ですか…それ?』

よく聞かれます。
(特にわが町ではJAでも、役場でも…)
う~む…さてさて、なんて説明すればいいのでしょうか?

“サムライ”の集まりでしょ?
(→そう思われるのも嫌なんだけど、実際そうなのかもね)
ドイツのマイスター制度にならったもの…らしい?
(→目指すものはそうだったらしいけど、実際は全然違う方向に行っちゃったね)
いわゆる“エゴファーマー”ですよね?
(→農場長は自然にも、子どもにも、女性にも優しいエコファーマーだけどね)

いずれ、これからの指導農業士、どうあるべきか?は、議論しなくてはならないでしょうか…
(あ…青二才のペイペイが余計なこと考えることないね)

そもそも農場長が指導農業士だなんてありえんわ…

でも、なった以上は頑張ります。

ちょっとだけ真面目な話をすれば…
(もしこれからも、出来ることがあるとするならば…)

担い手や後継者育成に力を注ぎたい。
これだけ農村が枯れ進むと人材教育の以前に人材確保が難しくなってくる。
もちろん、ビックファームを否定しないけど、これからは自己経営の発展と農村振興は高度な部分で両立しなければならないと思う。
でも、その答えを出していくのは指導農業士や、ましてや農場長ではない…
これからの若者、希望のある未来を信じて汗をかき努力を惜しまない担い手農業者こそがその答えを求めていかなければならないと思うのです。
そういう人材を育てる一助になるのなら…

もし、農場長に託されている指導農業士の称号の意味とは?と問われたら、そんな風に答えたいと思います。
もちろん、農場長もまだまだ発展途上ですが…

【追記】
後日、役場に行って称号贈呈の報告をしました。
案の定、「指導農業士って何をするんですか?」と副町長に聞かれました。

農場長「これからも、ますますヒラリーに指導されるということです(笑)」

副町長&係長「あははははははは…(爆失笑)」

いちばん分かりやすい説明でしたな~

【追記の追記】
贈呈式後段に会場で某ローカル新聞社の取材をうけました。
一緒に称号贈呈した大学時代の先輩と悪のりして、どちらを代表取材にしようかと件の美人記者相手に

農場長「もし今夜、デートに誘われるとしたら農場長と先輩、どちらが好みですか?」

と、逆取材してしまい同席の道庁職員に怒られましたな~

こういう品格に欠けている部分がヒラリーの指導対象になるのでしょう。

指導農業士…奥が深い♪

《次記事予告》
―咲いたら咲いたで心配~の心―

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hirafarm.blog117.fc2.com/tb.php/419-7751c950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。