FC2ブログ
プロフィール

ひら農園

Author:ひら農園
ようこそ、「農園日記」へ
北海道、十勝の新得町屈足地区で農業を営んでいます。
作物たちの成長や農村の暮らし、農園の四季を綴っています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

北の農園日記
北海道十勝のこだわりのジャガイモ・とうもろこしなどを栽培し、産直販売や観光農園、農業体験も行っている、ひら農園のオーナーが日々の農園の様子をお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



さっさと
3/3
桃の節句の女の子たち~

オトコってなかなか複雑なんだな~と思う農場長です。
(心の準備って…)

もし突然、年頃の愛娘に

「真剣にお付き合いしている彼がいるの…今度会ってほしんだけど」

…って言われたら、どうしますか?



さて、今日はお雛様♪
農場長家のお雛様は由緒ある旧家の物~ってわけではないけれど、それなりに美人なお雛様たち。

そんなお飾りをして以来、立て続けに単身女性たちがお客様で農場長家にこられるのです。

ヒラリーいわく
「お雛様、飾っているかぃ?一年に一度のことだから顔のあるものはちゃんと飾らないとご機嫌を損ねるのよ。ご機嫌損ねたらお嫁さんに行けないんだから!」
どの娘にもレクチャーしておりますな~
(長男の彼女、レディースファームスクールの研修生OG、某肥料会社のセールスレディ…)

ことの真偽はともかく、桃の節句を過ぎて早くお片づけしないと嫁にいき遅れる~なんて俗説もありますが、農場長的には「じゃぁね~♪」なんてさっさと嫁がれても困るのですが、やはりいき遅れるのも不憫でなりません。

なので農場長家、例年オカタは早いです…で、今年は特に早い!(驚)
夕食のご馳走が終わるか終らないかのうちに、さっさとヒラリーと末娘の三女と帰省していた次女で片付けてしまいました。

そ、そ、そんなに早くお嫁さんにいきたいのか~?

次女、三女「はぁ~???『さっさといけ!』って、言ってるの父だし!」

そ?そうね~そうそう!さっさといけ!すぐいけ!いけるもんならいってみろ!
もーーーーこうなったらいったもん勝ちだ!いけいけいけいけ!すぐにいけ!

次女、三女、ヒラリー「そんなこと言っていいの~?ワンワン泣くくせにぃ…」

別にいいんだ!花嫁の父は!泣き虫の家系だから!

次女、三女、ヒラリー「それにお姉ちゃんなんて…ねぇぇ~~~???」

な、な、な、なんなんだ!その『ふ、ふ、ふっ…』的なほくそえみ笑いは!
き、き、き、気に入らないぞ!
お、お、お、お姉ちゃんがどうしたっていうんだ!

次女、三女「さあね~???お母さんに聞いてみたら~」

ヒラリー「さあね~???本人に聞いてみたら~」

(絶句…!)そ、そ、そ、そんなこと怖くて聞けないし…


あ…でも、そういう覚悟って全然できていないわ~(沈)
どうせ、もう少し先の話でしょう…もう少し?…あと少し?…どれくらい先の話?
(まっ、その時はその時だけどね)

こんなふうにお雛様を飾ったり、しまったり…あと何回できるでしょうか~

ふうふふくろう

【追記】
農場長家のお雛様は場所をとらない三人官女の二段飾り
でも、お人形さん自体は結構大きくて、来宅するお客様には「りっぱなお雛様かざりですね~」と、たいがい褒められます♪
(てまえ味噌だけど~それに、自慢じゃないけどとても美人なのだ♪♪♪←農場長的主観)

某知人(母友)談
『わが家のは部屋いっぱいの七段飾り…出すのも、しまうのも一苦労…しかも、女の子たちは家を出て今では誰も愛でてくれないし…だから面倒くさいから飾らない…お嫁にいけなかったらお嫁に行けないでいいし~』

娘さんが巣立つと意外とそういう家庭、多いらしい…
それでも件の母友、農場長家のマメにお飾りするお雛様はシンプルなのに豪華で羨ましい~という…
意外と結婚適齢期(←そもそも死語だけど)が高齢化し、婚活女子が増える遠因になっていたりしてね?

たいがい初節句におじいちゃま、おばあちゃまにプレゼントしていただくか、代々祖母から母、母から娘と受け継ぐ雛人形も、たとえ一年に数日のお披露目でもあの時のあの事を想いだしたりして楽しいとおもう…

わが家のは、娘たちが保育園児の頃に作ったお雛様の絵や折り紙などの工作も一緒にしまったりしているから、それはそれは賑やかで華やかに飾りつけられます。

「真剣にお付き合いしている彼がいるの…今度会ってほしんだけど」

なんて言われたら、お雛様の絵や折り紙の工作、涙で滲んで見えなくなっちゃうだろうな…

~なんて思う加齢臭で疎まれているオヤジの今日この頃…

《次記事予告》
―新しい春は筋肉痛から~の心―

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hirafarm.blog117.fc2.com/tb.php/421-c6093ab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。