FC2ブログ
プロフィール

ひら農園

Author:ひら農園
ようこそ、「農園日記」へ
北海道、十勝の新得町屈足地区で農業を営んでいます。
作物たちの成長や農村の暮らし、農園の四季を綴っています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

北の農園日記
北海道十勝のこだわりのジャガイモ・とうもろこしなどを栽培し、産直販売や観光農園、農業体験も行っている、ひら農園のオーナーが日々の農園の様子をお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



とどいてください
4/8
大震災被災者にむけて~

子育ても一区切りの農場長です。
(PTA記事、連投です)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

久々の農園日記更新♪

思う以上に順調な春を迎えて、農場長家は一気に春耕期に突入しました!
しかもこの時期、年度始めということあって各会、各業界の総会や役員会や会議や研修や歯科医受診(←農場長の個人的事情だけど)が連日続いて、終日しっかり農作業が出来ない状態に…
いつものことですが、こういう時って何故かすごく疲れますなwww
しかも、ヒラリーの作る夕食には睡眠薬が入っているようですしwww

追いつくまでは“過去日記”状態ですが、リアルタイムの日記になんとか追いつくように努力します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は中学校の入学式
中学入学式
農場長にとってPTA会長としての最後のお仕事

さて、そんな中、新年度に持ち越す案件も若干…

先月の東日本大震災時に、新得町PTA連合会の会長から「支援や募金活動など各学校単位で独自に取り組むことにしましょう」と、連絡がありました。
すでに子どもたちは生徒会や児童会ごとに独自で募金活動に取り組んでいるとのこと…で、PTAとしてもあらためて町単位で取り組まないこととしましょう~という申し入れ。
ちなみにこの時点でも、全P連や、道P連や、十P連で何かやりましょう~的なお話はありませんでした。

そこで農場長、考えました。

実は今春、末娘が高校進学に合わせて寮生活となってわが家はヒラリーと二人ボッチ。
喪失感というほどの物でもないですが、4人いた子どもたちが次々といないとなるとかなり寂しい…寂しい…

そこで、山村留学生でも受け入れてみようか♪
(夏休みの農家ステイの実績もあるしね)
みたいなことをヒラリーと話し合っていたのですが、そこにこの大震災。
自然と被災遺児の情報に目がとらわれてしまいます。
農場家もなにか出来ることがないだろうか?
里親となるとやはりハードルが高いですが、被災児童の疎開避難の受け入れ家庭の登録しようか?~と、地元教育行政や被災地の関係者と電話などでやり取りをしていました。

子どもたちも「お父さん、お母さんならたぶんそうすると思ったよ」なんて言ってくれて賛成してくれていたりしました。

しかし、やはりままならないことが多くて、実際はなかなか難しい…
たとえ孤児でも、知らない土地の知らない人だらけの所に~というのは、難しい。
たしかに…想像に難くありません。

結局、今回は小、中学校のPTA役員さんと相談して、ヒラリーや校長先生にも助言をいただき、そんな農場長の想いでこんな取り組みにさせていただくことにしました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

平成23年4月8日
屈足南小学校・屈足中学校PTA会員 各位

東日本大震災にかかる支援募金運動のお願いについて

 3月11日に発生した巨大地震や津波により、東北関東地方が大きな被害を受けており、多くの子どもたち、保護者、学校関係者が被災されております。
新得町PTA連合会ではこのような状況に対応し、各単Pによる独自の方法で支援活動を展開していくことが確認されました。屈足地区ではかねてから小学校・中学校との共同事業を展開しており、このたびの支援運動においても共同で行うものといたしました。
支援運動の内容は各小学校、中学校のPTA会計からの募金と、授業参観日、定期総会時において参加会員からの支援金を募ることといたします。
なお、募金先はPTA活動の性格から被災された子どもたちに向けて「あしなが育英会」(NPO)の「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」といたしました。
多くの会員の皆様に趣旨に賛同いただき、よろしくご協力くださいますことをお願い申し上げます。



1. 実施日  中学校:4月16日(土) 小学校:4月17日(日)
2. 内 容    授業参観日、定期総会時に募金箱を設置

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

もちろん義捐金活動は、早くしなくてはならないとか、一度すればいいとかでもないですがPTAの事業や活動の趣旨からいって、出来るだけ被災された子どもたちにそんな支援の想いを確実に届けることが出来るのであれば~

小さい想いでも、たくさん届いてくれたなら…
それが大きな力になることを信じて、子育ての一区切りを振り返ってみるのです。

【追記】
PTA会長を卒業する農場長の個人的な想いがつまった取り組みになってしまいましたが、他の役員さんたちや先生たちも賛同していただきました。
ほんとうにありがたいことです。

子どもが中学校にかかわって8年間。
前半の4年間はほぼヒラリーにまかせっぱなしでしたから、後半の4年間は、なかば罪滅ぼし的家族孝行の延長戦のようなPTA会長の4年間でした。
それでも『すべては子どもたちのために』と『小さい学校だからできることがある』をテーマに農場長なりに汗をかいてきたつもりでした。

煩わしいことや苦しいこともありましたが、終わってみると、小学校、中学校は“あっ!”という間。
それもまた子育ての楽しみのうちだったのでしょう~
振り返れば、いつも子どもたちと一緒に笑い、哀しみ、泣き、喜んでいました。
そうして家族というものは育てられていくのだろうと思います。

これからは少し違うステージで学校や地域の子どもたちを見守っていけたらいいな~と、ボランティア活動を中心にお節介を承知で「親父の会」(仮称)をPTA役員経験者で立ち上げた次第。

はてさて、ハゲオヤジの会になるのか、デブオヤジの会になるのか…

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hirafarm.blog117.fc2.com/tb.php/426-fb95e997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。