FC2ブログ
プロフィール

ひら農園

Author:ひら農園
ようこそ、「農園日記」へ
北海道、十勝の新得町屈足地区で農業を営んでいます。
作物たちの成長や農村の暮らし、農園の四季を綴っています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

北の農園日記
北海道十勝のこだわりのジャガイモ・とうもろこしなどを栽培し、産直販売や観光農園、農業体験も行っている、ひら農園のオーナーが日々の農園の様子をお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



あれをしてこれをして
5/18
春耕期の第2ステージ~

ギアチェンジした農場長です。
(北の春はいよいよこれから)

先週12日、甜菜の定植を終わらしてからの雨、雨、雨で身体もしっかり休養できた農園スタッフと農場長。しかし、むしろ北の畑作耕種農家が忙しくなるのはこれからなのです(頑)

~そう!ここからが踏ん張りどころ

雨上がりに間髪いれず、整地して加工用スィートコーンを播種して~5/16
(農園暦的に平年の5日遅れ)
スィートコーン種

施肥して、心土破砕して、整地して前期収穫(8月上旬収穫)の人参を播種して~5/17
(農園暦的に平年の10日遅れ)
人参種タンク

とりあえず何とか作業も追いついてきました。
播種後、夜中に作業に悪さしない程度の雨が降ってくれるので、翌早朝は人参、スィートコーンの順番でふた朝にわけて除草剤の土壌処理を実施。
遅れているなりに管理作業はベストのタイミングで行わないと、あとあと大変なことになりますからな~

そして本日、トラクターや作業機も次のステージにむけて、振り替えたり整備したりの節目の作業日。

F3000はすでに甜菜の施肥機からスィートコーンのプランターになっていますが、それぞれを洗浄して油を塗布して格納~豆のプランターに振り替えして整備します。
大豆、小豆、いんげん豆…そして約1週間おきに播種するサヤインゲン。
生食用のスィートコーンやカボチャの施肥&マルチもF3000とプランターのコンビです。

F4000はブロードキャスターからNAK~愛称“クサカルチ”に振り替えます。
このコンビも除草管理作業の要なのです。

F5000はスプレアー~人参、スィートコーンのあと、馬鈴薯の除草剤を散布したのちリアタイヤを管理用のロークロップタイヤに交換して小麦の防除をスタンバイ予定です。

F6600は甜菜の移植機とポテトプランターを整備格納して、ブロードキャスターを装着。
今月中には小麦の部分施肥やサヤインゲンの土壌改良剤の全層施肥、来月以降には中期、後期人参の施肥を行う予定です。

F6610はサブソイラー。降雨前に畝枕など滞水しそうなところを心土破砕します。中期、後期収穫人参の播種時にも活躍予定。

F6640はカボチャや人参、自家用野菜畑の耕起、整地のため、プラウ→スプリングハロー→ロータリーハローの順番で稼働予定。今度の雨まえには耕起を終わらせておきたいところです。

~とまあぁ、それぞれのトラクターにそれぞれの作業機を振り替えたり、整備して格納したりで春の晴れの貴重な一日を費やしてしまった次第。
でも、ここが一つの折り返し~他人任せに出来ないところですし、きちんと整備格納することも次期、次年度に向けて気持ち良く仕事が出来るようにするためにはとても大切なことです。

拭う汗の向こうにようやくの満開の桜。
桜満開
いつもよりまして綺麗で花弁の量も多いような気がします。

統一地方選挙寒波(定数に満たないとか、無風だとかで候補者の皆さんの議論や主張や選挙自体がお寒かった~と言うことではなくて…)以降、遅れてしまった春は結果として、待ちに待った分だけその期待度の大きさに比例して豊かな春になったのだと思いたい…

さぁ…次の雨まえまでに、これやって、あれをやって~
農夫たちの春はまだまだこれからなのです(頑)

【追記】
農場長は紫外線とお友達なので、オンシーズンはただでさえ真っ黒クロスケなのに、トラクターや作業機の整備は泥まみれ、油まみれになったりしていよいよススワタリの襲撃にでもあったかのような状態になります。

実は今日、イレギュラーでメディアの取材がはいりヒラリーが担当したのですが、合間にご挨拶させていただくと取材ディレクター、農場長の顔を見るなり「お仕事ご苦労様ですね~!」と感嘆されました。
実際の仕事量以上に“お仕事してますよ~”状態なのであります。

でもこういう時、ヒラリーは農場長に対して心なしか優しいような気がしますな。

本当は甜菜の補植に一日10km単位で歩いているヒラリーや研修生のチーちゃんを気遣い、きちんと褒めてやらなくてはいけないと思うのですが…
(労いの言葉だけか?褒めてやるだけか?いいのか、それで?)

ちなみにヒラリー、紫外線は親の敵のような存在で今の美白(美かどうかはわからないが)を維持するのだ!~と、涙ぐましい努力を鏡の前でしている毎日。
健康野菜を育てている不健康デブな農場長に万が一なにかあった時、再度お嫁さんに行くための遠大なプロジェクトなのだとか…?

《次記事予告》
―アイスラッガーの威力~の心―

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

奥様の 再度お嫁に行く・・・・すばらしい。
北の女性はたくましく 美しいのですね。
みならわなくちゃ。
【2011/05/29 09:00】 URL | ばいおれっと #- [ 編集]

美白と農婦
ばいおれっと様

コメント感謝♪

> 北の女性はたくましく 美しいのですね。
美しいかどうかはともかく、逞しい…特に二の腕と臀部と太ももあたりが
基礎部分はどうであれ、美しくありたいと思う気持ちは大切ですね。
【2011/06/01 05:28】 URL | peaceman #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hirafarm.blog117.fc2.com/tb.php/433-1296ca20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。