FC2ブログ
プロフィール

ひら農園

Author:ひら農園
ようこそ、「農園日記」へ
北海道、十勝の新得町屈足地区で農業を営んでいます。
作物たちの成長や農村の暮らし、農園の四季を綴っています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

北の農園日記
北海道十勝のこだわりのジャガイモ・とうもろこしなどを栽培し、産直販売や観光農園、農業体験も行っている、ひら農園のオーナーが日々の農園の様子をお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



これからの春
3/12
ハウスの中は土のかおり~

身体も心も筋肉痛な農場長です
(甜菜の播種作業の巻)

震災から1年…
あの時も甜菜の播種作業(通称「種おろし」)をしていました。
屋外の仕事だったので、なんだかフワフワして最初地震だとは気付きませんでした。
たしか2回目の揺れで水たまりがチャポチャポして、ガンケ冬夕陽のガンケ
がガラガラと崩れて「これはただ事ではない!」と思ってちょっと早めに仕事を切り上げてTVをつけると目を疑う画像が…

あれから一年
人生が変わった人、考え方が変わった人、価値観が変わった人…
豊かだったはずの変わり果てた故郷、そして今だ足を踏み込むことさえできないでいる傷ついた郷土…
変わったものがたくさんある中で、それでもその季節がくれば毎年当たり前のように迎えるこの風景が実はどれほど大切なものなのか考えずにはいられません。
被災地が一刻も早く復興され、被災された皆様が心穏やかに普通の暮らしができることをあらためて切に願う次第です。

さて、今年は~
別にあてにしていたわけではないけれど、「春休みだから任せておけ!」と豪語する大学生の長男スケ-ジュールにあわせて段取りしてみたけど、天気予報では肝心な時にお天気が悪そう…
育苗土の土通しはお天気が悪いと上手くいかないので、小学生の助っ人(スケート少年団員)を擁して、なんとか終わらしたのが1週間前の3/4
晴れの土通し

その後苗床に散水し、かけ土を通して、段取りとセッィングして~
試運転が3/10、本格始動が3/11
前年秋の天候のせいか育苗土の歩留まりが悪くて育苗土が足らなくなるアクシデントがあって(ローカル情報だけど今年はどこもそうらしい…)、ちょっとパタパタしましたがホクレン原料所職員のおかげで何とか前夜のうちに確保して本日午前中に完了♪
種おろし土詰め機

終わってみるとヤレヤレですが、なかなかもっとサクサクと出来る方法ないかしらね…と、いつも終わってからアレコレと考える(苦)
ポット整然と

ちなみに農場家は1日約5haの種下ろし。段取り後片付けをいれて3日間。
作業人員は家族(農場長、ヒラリー、父、母、長男、次女、三女)+2~3名ほどのアルバイト、パートさんで総勢10名程度

一冊一冊、一粒一粒の作業だから最終的には人の目と手にかなわないけど…
でも、甜菜移植農家さんはこの時期、だいたい同じ作業ステージなのでよそ様がどんな風にやっているのか?それがいい方法なんか?わが家の改善余地がどの辺にあるのか?意外と分からなかったりします。
う~む…だから農家って先進性や進歩性がないとかって言われちゃうのかしら?

反省…

でも、筋肉痛が薄らぐころにはその反省心も薄らいじゃうんだろうな~

そういえば、最近はWeb情報などでパソコンの画面を見ながら有益な情報を割と簡単に得ることができます。
たとえば中古農機具情報、営農技術情報、農政や関係団体の組織活動情報まで
そこで「甜菜 播種」とか「ビート 種おろし」とか検索してみると皆さん色々工夫してますね~的な情報も自宅に居ながら手に入れることできるようになりました。
便利ですなーーーー(楽)

でも、でも…本当は実際に見て、聞いてみないと“肝”部分はわからないと思う。
いやまてよ、あーそんなところが前時代的なアナログオヤジなのか(沈)

しかし、もっと楽にできる方法ってないかしら~って、パソコンで色々と検索してみても、そもそもそういうデジタル情報を有効に活用できる感性や感度こそ必要なのでしょうね?

筋肉痛と戦う春は感性を磨く心もまた筋肉痛になってみたりするのです。

【追記】
土通しの段取りの時点で軽い“ぎっくり背中”(ぎっくり腰の背中バージョン)だった農場長。
いきなりの力仕事とはいえ以前のように一杯一杯スコップでどうにかするわけじゃないけれど、でもやっぱり少しつらかった(泣)
そもそも何時の、何の、どれが、どの筋肉痛か分からなくなっている…し、そもそも筋肉痛かどうかも分からなくなっているあり様(沈)
確実に老人化している肉体とどの辺で折り合いをつけながらやっていくか?
なんだか難しい年頃なんだな…と思う今日この頃(苦)

難しいと言えばヒラリーも女性的に難しい年頃でしかもやっぱりアチコチ痛いらしい。
当然ね…

でも、急遽の声かけでも来てもらえる地元のパートさんやアルバイトさんには感謝♪
ヒラリーコネクションのたまものなんですけど、それもまた人生の宝物ね(嬉)

ヒラリーのイタタなところを優しくマッサージしながら、もっと楽に効率的にできる方法はないかしらね~なんてあーだこーだやっている時間も、これまた夫婦の宝物の時間なのかもしれませんな~なんてね(汗)

《次記事予告》
―春一番情報~の心―

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

お疲れ様です^^
うちも近所に住んでれば、無駄に体ばかり大きくなった息子と一緒に
お手伝いに行けるんですけどね^^
我が家は、義父が一生懸命育てた大根の収穫作業を手伝い
大根を葉っぱごともらいました^^
家で取れたのは、葉っぱまで美味しく食べれます^^
震災から1年、テレビの特番を見ても
まだ、復興とは程遠い感じがしました。
自分が経験した阪神大震災と違い津波は本当に恐ろしいと痛感しました。
阪神大震災の1年ぐらい前に、北海道でも奥尻島が地震で津波の被害がありましたが
今では、こちらには情報として復興されたのかすら伝わりません。
震災は、決して忘れてはいけない事だと思います。
【2012/03/18 14:46】 URL | ふぃる #- [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/02/02 08:34】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hirafarm.blog117.fc2.com/tb.php/449-c098f8db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【これからの春】

3/12ハウスの中は土のかおり~身体も心も筋肉痛な農場長です(甜菜の播種作業の巻)震災から1年…あの時も甜菜の播種作業(通称「種おろし」)をしていました。屋外の仕事だったので、なんだかフワフワして最初地震だとは気付きませんでした。たしか2回目の揺れで水?... まとめwoネタ速neo【2012/05/02 09:41】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。